ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

絶対零度の中で震える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絶対零度の中で震える

2017-06-15 09:13

    共謀罪、成立。

    だからなんだろうか。幻聴と言うか、意識的な、厄?

    このままじゃ我々は地獄行きじゃないですか!
    何で私達が地獄に堕ちなきゃいけないんですか!?

    って言う、向こう側にある、反発の原理?自分的には、妙にしっくりする反応。

    しかし。

    言ったでしょう?あんたらそんな事してると地獄に落ちるよ?って

    って言う現実も或いは、ある。


    どんな事をしていたのか?

    それはもちろん、軽犯罪の重過失、”確信犯”その結末、だ。「万引き程度じゃ罪に成らないんだよ」それに味をしめたかで繰り返す果てに、上の一言を言われ、そしてその後。先に有るのは地獄しかない、と言う理解であれば?因果応報として溜飲は下がる、が。

    ただ、民進党の”あの”理不尽な抵抗、アレの根っこに”これ”が有るとしたら…何かの脅威か悪夢は、感じる。

    軽犯罪の重過失それは、100円の万引きも繰り返すと、1円でも万引きした途端に「評価」が更にマイナス100万円、とかに成ってしまう原理。温度も、実際には下限がある、摂氏0度。評価的に”そこまで”下がれば、人間的には止まってしまう…概念的には華氏と言うのもあるしその下になっても不確定な振動?は続いているらしい、が。ともかく「死んだ」何も出来ない、そう言う状況に陥る、そう言うのは有るのでは、無いか。


    しかし、自分の主張もかなり暴論さは、ある。

    「私は価値ある作品を書いているのだ。これによって人々を養ってるのだから、そのあなた方は相応の”対価”を支払うべきだ」

    お前は何を言ってるんだ?

    その正義は、誰が量るのだろう?(-_-;) 特に間違いなく、”シニア世代が期待する事”を自分はしてないのだ。勿論、シニア世代が期待する事をしていたら現状、”マイナスにしかならない”のである。価値ある創作を創り、それが担保的価値を持つ事で経済的な喪失を防がないと、市場はただのバトルロワイヤルに成って、自滅してしまう。補充が足りているなら、「ほどほどが良い」「欲をかくな」などの倫理も意味を持つのだが。減り続けている時、そこには深刻な焦りと、同時に剣呑さしかない。

    ともかくまだ、あまり期待するお礼が来てない気は、する。それは何が足らないのか?根本的に、誤解か間違いがあるのだろうか。判断し難い、話。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。