ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

お気に入りのAV女優にお手紙
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

お気に入りのAV女優にお手紙

2017-06-15 17:21

    自分が要求する「対価」と言うのも、問題がある様な無い様な。

    「プライバシーの侵害はするな。確かに私はアダルトビデオの制作会社を運営してるし所属女優も大勢いる、が。その現場は女性しか居ないし、自分はその現場に入った事は一切無い」

    よし良く解った。で、それら女優との関係に不適切は無いのか?


    「知りたい情報」と言うのは、結局”その先”ではあって。自分が現在のカウンタ数値で有る限りは、そんな心配は一切必要無い、が。ただ「ストリードの連携」その効果は現実であり、そして創作での利益性は”ここ”にしか、無い。言ってる事が現実なら?それが利益性に直結してる等する時、かなりどうでも良い話も、付随して発生はする。それが事実であろうとなかろうと、マスコミ?による「興味」の追及は生活の危機を招く訳だが。

    ”雅”市場の理念としては、「それが犯罪の告発でない限りは、対象の許可なく調査も報道もしてはいけない」と言う記述があり、上記の行動は罰則に相当する。しかし、マスコミはイメージか、そんな事はお構い無しに侵入してくる訳で。マスコミは”雅”市場にまだ、統制されてる訳じゃないのだ。トランプ氏だって、問題が起きていないとは言い難い。

    この辺の心配が発生する所も、結局は”カウンタ数値が低くされてしまう場所”ではある。逆説的に今の状況は「一応は理念が満たされている」環境とも言える、このカウンタ数値では追及する理由がない、が。お金の流れが発生した時点で、マスコミの動きは始まるのではあるまいか?ともかく”それ”は軽犯罪と言う事になるのか、それでも。上記の話は、自分から語っているのだ。別に調査した訳でも侵害した訳でもない、プレッシャーと話術か何かによって、相手のプライバシー情報の一端は少し、垣間見えてしまう。

    マスコミはまだ、重い権力を有しているのだ。安倍首相が何故、首相として続いているか?正直、「子供が居ないから」ではあるまいか。マスコミの標的にされる弱点を持って無いからこそ、安倍首相は後は、自分の身を律して居れば良い訳だが。

    それでも、夫人の行動は問題が無くても、マスコミはスキャンダルに出来るのだ。籠池氏が殆ど詐欺師であっても、マスコミはそこは、問題視しなかった。そして安倍首相側も、”それ”を犯罪行為であると断罪は出来なかったのだ。

    共謀罪に対して、最も恐れているのはマスコミなのかもしれない。マスコミのこのパワーは、殆ど国家的脅威でさえあり、共謀罪の成立はそこに、ある程度は抑止効果があるのだろうか。軽犯罪の重過失は、”かなり”深刻じゃないと抑止効果が薄い、と言うのは有る。生きてる限りはその負債は消えないから、だとしても。ゼビウスの一千万点プレイヤーは、結構居る訳だ。

    人生で10回くらいは必殺技が使えても良いだろう?命が削れるとしても。

    向こう側にあるのは、小さな何か、だ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。