ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

夢と理想と平等は何かの標語の様に
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夢と理想と平等は何かの標語の様に

2017-06-23 12:24

    ちょっと前に考えた事はある。


    「巨大な体育館?に、ガンダム”戦場の絆”の筐体が100台位、ある光景」

    ”これ”が、現状想定される「紛争解決機構」での「空母」的な、意味合いになる。短絡的な視点では「維持出来ない」のだが、ともかく電気代等々、この”維持費の膨大さ”は利益性でのプラス?と言う事を考える時、頑張れば可能性はあるのだろうか。平時でこれだけの駆動はほぼ有り得ない、利益性は無い訳で。ただ、戦力としてはかなり、期待し得る存在ではあり、そしてアメリカは”これ”を、現実的に”数機”運用しているのだ。

    …国民の税金はここに、どれだけ投入されているのだろう?


    良くも悪くもアメリカの話は「こういう話」ではあり、何をやるにせよ、何と言うか「不可能」はまず、ある。そして良くも悪くも「それらをコントロールするのは今はコンピュータ」なのだ。DOS/V機かどうか?はともかく、その中で最大に近い「勢力」を誇るDOS/Vは、やっぱりその辺に影響は色濃く出ている筈でまた、その辺の影響も、色濃く受けている訳で。その、”中央”に押し寄せる問題の数々は、一般人が想像する様な話は殆ど無く、確かに「凶悪なモンスターが潜む洞穴へと銃片手に挑む」そんな話でしかなく、そしてそこに正義があるとも限らない、「それでも挑まねばならない」のが、前線の兵士であって。そこで必要な事とは何だろう?ともかく神に祈る暇があったら敵に向けてトリガーを引くべきだが。

    それは正しい事なのか?


    要するにそう言う面倒な話が、DOS/Vの「コア」には集中する訳で、”それ”を人間が対処しなきゃならない時、帰結的に「あかん」に陥ってもしょうが無いと言えばそうではあって。良くも悪くも「中華思想の皇帝」はそこに、「諦めるな、俺に任せれば」そう、力強く言い切った、かどうかはともかく「そう言う存在として」有った訳だが。その結果、平成は一時景気が良くなった!気がした後での大崩落を繰り返し、世界中が割と滅茶苦茶になって今に至る、或いはそう言う状況は、推測?が正しいなら、ある。「全然ダメじゃねーか!」は、皇帝から何故か「王の権威」へと流される訳で、それを考えると何が起こっていたか、ちょっと考えたくない。

    とは言え、それらの「歪み」を正した?後で、DOS/Vのコアは何を言われるか?と言うと。


    大衆は神様である。(0±0)だ。面倒は”これ”に聞いてくれ。それで問題は解決する。

    いやいや。


    現状がこんな感じだとしても、その一つ上の話で「なるほど素晴らしい」と言うのは、自分もちょっと、問題は感じる。理屈には、自信はある。その「兵士の苦悩」それは、「紛争解決機構で決着にする」事を考えた時、兵士側を絶対の正義に置けるのだ。”その決定に逆らう”限り、相手は紛れも無く悪の枢軸である。それは正義の名の元に、滅びなければならない。

    …「紛争解決機構」それが、本当に正義であれば、だ。一応、「戦争は良くない」「二択は決めきれない」時、”それ”での決着にしか、帰結は無いのだが。一応今の所?「大賀さん」それは、十分な性能を見せている、様だ、が。

    「働けば楽園に行ける」これは確か、ナチスのアウシュビッツ収容所にあった標語ではあり。現状の”雅”市場が言うのも実際は、”これ”ではある。世界は一つの価値観で統制される。全ては神の妻であり、平等かつ公平な権利と、同じく義務を有する。義務を果たしてこそ自由は買えるのだ。均等労苦、富める者も貧しき者も、その状況に応じた”等しい”労苦を果たさねばならない。貴方がその職務を果たしてこそ、他者に同じ事を要求出来るのだ。

    客観的に聞くと、何かのカルトでしかない。

    ともかくDOS/Vのコアに、誰か個人が居るにせよ?今、「中華思想の皇帝」が当てに成らなくなった時、頼り?責任を転嫁し得るのは(0±0)神様、しかない筈だから。その結果がどうなるか?それはまだ、暫く様子を見なければならない、気はする。

    ともかく今、奇妙な?風邪が流行っている。それは何かの呪いか憤りか、どっちだろう?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。