世界が一つの国だったら
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界が一つの国だったら

2017-08-29 09:55

    何で北朝鮮が暴発すんの。

    タイムリーと言えば、そう。「アインシュタインの頃の体勢では、最後に自爆してオチになる」爆発オチなんてサイテー的な。そう言う話を書いた後の、北朝鮮飛翔体発射日本上空通過。田舎でもJアラートが鳴り響くそれは、流石に異様な状況では、ある。

    予告なしって言うのが尚更、「爆発オチ」のそれに近い感覚。今回のも結論で「他人の私有地に放火したが、ゴミしかないから被害額は0です」そんな状態に近く。

    「…国家的な軽犯罪?」

    これら一連の流れに、例の「中華思想の皇帝」その辺が関与してない、そう言う事は有るのだろうか(-_-;)。印象的には、「ルール的な自爆をした」気はする。もちろんその分、過失は重なる…、負債は維持困難な事態を招く訳だが。神の思惑は、解らない。

    安心感と、不安?が同居してる、奇妙さは有る。紛争解決機構、その決定に不服な場合、実際の武力に訴える可能性は否定出来ない、武力はまだ必要ではあり。ただその時相手は「ルールに従わない」明確な悪であって、それに応戦する側は、かなり高い「正義」の側には、居られる。意識としては楽だ、起きないに越した事は無いが。


    ともかく、誰かが例えば世界を”一つの国家として”統制した、時。侵略!に依存していたら?次の利益は、何処から取れば良いのだろう?国家はその時、”利益”を自己生産せねばならないのだが、”それ”が出来なければ、身を削っていくしか…無くなる。不満はやがて対立を招き内乱を産み、そして。

    …結局、アメリカも「この先」を描く事は出来なかった訳だが。

    日本はその辺、昔から島国で、意味的には2000年規模での単一国家では、あって。日本は小さな地球的環境だった訳だ。その意味で、他国を侵略する!ニュアンスは基本的には持って無い、意味が無いからだ。ただ、豊臣秀吉も、結局は最後、戦の褒章を与える事が出来なくなり、朝鮮への侵略戦争を起こす事になる訳だが…幸いと言うか?次の徳川家康による鎖国政策、江戸時代は数百年に及び、日本は外国との交易に依存しない歴史を持っていた、とは言える。

    だから、何らかの内需拡大の知恵は、日本には…有る筈なのだが。

    今の状況で、この先を書きにくい現実はある。事実の裏付けが無い。江戸時代がそれほど良い時代だった訳でもないからだ。人間は生存しているだけで”価値”を、お金の担保をすり減らすので、自力で増やさないと経済は失速する。「どうやって?」統一的な基準を設定し、それによる「価値の発生」を認めれば良いのではないか?「この紙に”この絵”を描いたら、数百円の価値が有ります」そう言う物があれば。

    価値ある物を生成出来れば、それはお金の担保になる。それを換金出来れば、自然減少分を増やせる…経済は失速しない。

    …実例は、無いのだ。

    面倒な状況はある。インベーダーゲームは、「事実は覆らない」それ以外は認めない、そう言う重い壁を形成はしてしまった。だから、如何に作者…を説得?出来ようと理屈だけではこの壁を通れないのである。ただ逆説的には「事実なら否定出来ない」そう言う面も持ち、その時。「紛争解決機構」そのコンセプトは、現実と同じ結果を齎す環境を創りその上で戦争をする事だ。つまり、”この上”で通る事は現実であり事実であって、インベーダーゲームの壁でも、否定は出来ないのであって。

    なら打開の為には、この上で「必要な事実を、自力で創っていくしかない」訳だ。事実と認められる空想、”その上”で、「価値は生成出来る」それを、どうやって証明していくか。

    楽ではあるが、面倒ではある。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。