500円玉の中に有る世界
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

500円玉の中に有る世界

2017-08-29 22:01

    500円玉は、しょっちゅう意識はする。

    その中にしか、自由?は無いのだ。

    その500円とは?「美鶴さんの長い妄想」それを、500円に設定していた。結論でこれは、完璧と言うか、自身の独裁創作で有り・・・そしてだから、「全く」売れなかった、利益には成らない。原因は、今は解っている、しかしそれはつまり、夢の喪失ではあり。



    だから、世間は戦いをせねば成らなくなった、訳だが。

    何故「美鶴さんの長い妄想」それが売れなかったか?「これでは面白くない」それは正しくない、完璧じゃないからだ、ここがあれがどこが悪いから。決して独裁創作だから、では無い。”それ”を認めてしまうと、今までの創作も実は売れてなかった事になるし?今創ってる作品も…売れない、利益に成らない事になる。その意味で世界は、”これ”を作品として超えねば成らなくなった、訳だが。

    まず、倫理観がおかしい。「軽犯罪など犯罪では無い!」そこから始まる。その上で、「美鶴さんの長い妄想」よりも、自分らの作品の方が上だ!と、言わねばならない訳だが。それでも、相応の理論性によりこれは構築されているのだ。作品的な精度としては、割と高さがある、或いは理論性だけなら「オリジナル(どこー)」にも匹敵、もちろんその作者が、創ってた訳で。現状、世間の理屈はとにかく物量!である、高価な要素をこれでもか!と投入するのがトレンド。良くある話、「あんまり面白くない」理屈、現場的な需要に対して過剰か、ズレているから、だ。庭先の花壇を整備したい?だったらこのV8エンジンを搭載したトラクターなんかオススメですよ2000万円くらい。何処のベルサイユ宮殿の花壇を整備するつもりなのだろう…ニュアンスとしては、そんな。

    それは、ジャンボジェットや戦闘機には憧れはする、しかし。「では売りましょうか?」いりませんて。需要の捉え方に、かなりズレが発生している気はする、その意味で、それらはターゲットを…とことん外しまくる訳だ。

    もちろん?「こちらの理屈」感性に合わせれば?それは「だから独裁創作では利益が出ないと」それを受け入れざるを得なくなる。それはつまり、今まで投入した作品の利益が回収できない、そう言う意味にも成る訳で、その時点で破綻、だ。認めたら終わってしまう…だから。徹底的に否定!を始める事になる訳だが。

    たかが500円の同人ゲーム、”それ”が越えられないと言う、異常事態に陥る訳だ。


    現在でも、この状況が覆る感覚は、無い。否定するだけ、市場をも否定する事になる、独裁創作でなければ?これには問題が殆ど無いからだ。ここにぶつかって、負けて。その都度、この作品は何かの強度か「利益」を、得続ける事になる…それは何に使われているのか、そこは定かでは無い、ともかく”雅”市場を維持する、その上での利益性、そう言う所に分配されているのではあるまいか?何というか、「”これ”を創れば500円で売れます」そんな、何かの土台の様なモノに成っている、そうかもしれない。

    勿論ぶつかって大破した人々にしたら、”それ”は憤りの対象でしかないが。後から創作者を目指そうと言うなら?それは良い適当な目標、かもしれない。一人で創ったのだ、数人で分業出来れば後は、理屈だけである。ここならまだ、もしかしたら独裁創作?そこに容認が有るのかもしれない…500円玉の範囲位は。いずれはプロに成らんと言うなら?独裁性には留意せねばならないにせよ、技術を得るまでの継続なら、可能なのではあるまいか?

    大人はまあ、外に居るべきだろうが。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。