無理を通した道理が攻めてくる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

無理を通した道理が攻めてくる

2017-11-02 17:27

    自分の、頭の中?だけの話、だ。

    現状、世界であろうと「共産主義」その根幹にある「皇帝」それは、”ここ”であり?そこを経由しての「大賀さん」それである。今まで、違う別の存在が、自分の昔書いた「黄昏の狩人」を利用し、「自分が書いた」そう偽る事でその椅子に居た、が。それは失脚し、今は、「大賀さん」が設置されている。意識的に。

    …しかし、その時?まだ、「俺が!」そう言う存在が、その場所に何とか再び座らんと、頑張っている…そう言う「感じ」は、残る訳だ。

    本質的には「民主主義」それでも”同じ”である。真ん中に居るのは誰?”そこ”が狂っていた訳で…そこに異物が座っていた。だからこそ、「働いても借金が増えちゃって困る」「何でそう言う風に(借金が出てる人みたいに)働かないの?」が共存する、そんな”異常”が発生する訳だが。その辺を何とか押し出し、「大賀さん」を設置した、が。シニア世代にとっては、今も「最大幸福社会」それを目指していた、のが「当り前」であり「今まで通り」一番良かった時代、ではあり。「選挙には勝った」が。決して、世相その物の狂いが直った訳でもないし、”それ”を操る事に長けていたマスコミ?その辺が、その変化を良しとしない、それは当然な、話。

    それでも一応、理屈だけなら、相手を黙らせる事は出来る。森友学園は「安倍首相が詐欺に有った」だけで、加計学園は「他に手を上げる所が無かった」だけだ。後者は、確かにそこに、何かの友人としての動きが無かったか?と言うのは有るが。「他に手を上げる学校が無かった」としたら、むしろ現場には助け舟であって。なら、そこに何ら問題は、無い。

    「民主主義が壊れてしまった!」

    とは言うが、一般論から言えば「今が正常」だ。しかし、今まで通り、テレビの影響力?それはシニア世代に妙な頑迷さ、”それ”を発生はさせる。マスコミの攻撃力、「別に気にしませんよ、貴方が誰と付き合っていて、XXのホテルでいろんな事をしてるかもしれない、としてもね」とか、そう言うのでコントロールし得る、その影響力はまだ残る。”この状態では”単なる冗談か、引っ掛け、誘導尋問に過ぎない。しかし、実際には調査されていて、その上で掴んだ確実な情報では無い、可能性は見えない訳だ。行動その物は恐喝だが、この時点では、罪には問えない。それにより、攻撃側はそれ以上の否定が出来ないが、相手は出来ると言う一方的な状況は発生する、のだが。

    ともかく”そこ”に今?「軽犯罪の重過失」万引き程度の、罪に問いにくい犯罪だろうと、繰り返すと重く過失が載る、神様は見ている、そう言うのが入った、訳だ。結果で、”それ”は、そう言う確信犯の皆様は、行動にかなり抵抗が出ている、筈ではある。既に、100円の万引きでも、一回で数千万円の損害賠償をする様な、そんな状況に成ると、大分”重い”だろう。何をやるにせよ、ダメージが出る。命にも関わる。

    しかし。

    今の状況では、軽犯罪の重過失それは、「一生載ったまま」だ、じゃないと”後悔”に成らない。万引きを繰り返すそれは自身を破滅させるのだ、自分を護るつもりなら絶対にやるべきではない。倫理としては正しい。しかし?

    「口だけだよ」

    脅かしてるだけさ。そう言うのが、今までの現実ではあったのだ。

    果たして。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。