二択と三択目の向こう側
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

二択と三択目の向こう側

2018-01-31 09:17

    状況を想像すると、こんな感じ。

    これと

    これ

    どっちが良い?

    ともかく?

    これよりは、まあマシかもしれない。

    ぶっちゃけ後者の選択をするのが、”今まで”では、ある。物理的に能力的に”不足”があっても、上の意向で有れば…それを選択せざるを得ない。成果が出ようが出まいが関係ない、「敵」を倒すまで!世間に自由意思など必要無い。だから、これはもう良い、前二つの内のどっちか。

    しかしその結果?先二つのどっち?が…人間には選択できない状況が…発生する。サイコロを振ってみる、奇数なら↑、偶数なら↓、出た目は5、…まあ、上の方?

    これで良い、と?

    良く解らない感覚はある、今までとはちょっと違う”何か”だ。何だか、「今までとは性質の違うお金が入った」雰囲気はある…隠蔽?されてる「かむろぎ」そう呼ぶ第一次流通問屋(予定)、そこに、違う要求が入ってきている、感じも無い事も、無い。「モンスターハンター:ワールド」は、初週で既に500万本突破!と言う話。”これ”が或いは「ストリードの連携」によるもの、なら。20億円近くがその作者の取り分になる、のだ。しかし、それは今まで?とは違う、のかもしれない。

    「かむろぎ」その外側から来た、要求、という事なのかも、しれない。

    「何とかして?」

    流石に、3本目の動画、みたいなのはもう、良い。飽きた、と言うか、もう嫌だ。或いは、「モンスターハンター:ワールド」この方向で良い。これで、何とかしてくれ。

    …何とか?

    「想定通り」なら、戦争その物は、或いは終わっている。「黄昏の狩人」に依存していた表側は、そのバグを埋められない。依存する結果、こちらの「大衆は神様」その思想に依存し、その時、決定を「大賀さん」紛争解決機構、そこに委ねる。問題は”それ”が、彼らの期待した選択では無い、事だ、しかし。

    お金が有りません。

    「大賀さん」による、”戦争”さえ起こせない。この先は、「法律」の支配になる。カウンタ制御は法律的にどうなのか。パワハラは無いのか。これは人権侵害では無いのか?誰がやっていたんだ、今までの歪みは。

    ともかくその先には、「今までの支配」が瓦解する或いはポイントがある。

    のか?

    ともかく、地デジの統制みたいな物は…どうにか、なるのだろうか。”ここ”で、”上の二本”にベクトルを合わせた物が放映される様に成れば、問題は無いのだ。「性質の違うお金」と言う、今までとは少し異なる事態を前に、現実は果たして。

    しかし、相変わらず出張動画版のカウントは10以下なんだけど(-_-;)。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。