踊る阿呆を阿呆と言う阿呆
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

踊る阿呆を阿呆と言う阿呆

2018-08-14 09:01

    これも、残り香だろうか。

    徳島の阿波踊りで、中止されていた筈の一大イベント「総踊り」が、有志らの強行により行われた、と言う話。何でそんな事に?と言うとまず赤字。市側は例年、総踊り以外の観客席が売れ残っているので、そこにお客を流そうとして、総踊りの中止を決めた、と言う。

    テレビで例えると、高い視聴率を誇る人気番組を潰せば他に視聴者が流れる、そう言う理屈。

    いや、その理屈はおかしい。


    しかしこの辺、MMD関連で言っても結構起こる話?だ。どうしても”人気”が一極集中する場合が多く、その時、「その他」はぶっちゃけ、デッドウェイトでしかない現実。「平等じゃない!」その、妙な、と言うか、マイノリティの主張?な方向性が妙に力を持ち?今回の様に、権威側を動かしてしまう、訳だが。

    結果はどうしても、「じゃあ行かない」そもそも、そう言う話に。


    この辺、平成に入っての「中華思想の皇帝」その意向の表れ、だろうか。「王の権威はいらない」拒絶する!結果、つまり”そこ”は否定してしまう方向性が、出てくる。そこが最大の注目点であると言う現実と?或いは、その危機感。中華思想の皇帝は当時、王の権威から「黄昏の狩人」を盗んでいた経緯があって、結果的にも「マイノリティへの比重」が重くなり、最大人気への拒絶と、不人気作への、歪んだ擁護が有って。

    問題ある光景ではある。
    施政者側は今も、皇帝の影響力が強いのに、現場は微妙に違うのだ。

    この場合、普通「他のあまり客の来ないステージに、どうやって客を呼ぶか?」と言う話をせねばならない、訳だが、そこには向かなかった。皇帝は居なくなった?王の権威も事実上特権を失った、にせよ。「今まで通り」それは重く、対立はまだ、微妙に続いていて…胃の痛い日々はまだ、続くのだろうか。

    120万人も客を集めているのに赤字?と言う、理不尽と共に。


    …まあ、アイディア的には?

    総踊りは、3日?毎日、行う。
    その際、分散ステージの一つのチケットが無いと、総踊りステージのチケットは買えない。
    他はともかく、総踊りは一人一回のみ。

    とか、この辺?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。