足場に有るのは地雷か油田か
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

足場に有るのは地雷か油田か

2018-08-18 10:49

    「艦これ」が、アップデートされた。

    しかし、それと同時に、ちょっと環境には変化が発生した、気はする。

    今までは、Flash、その土台の上でそれは、創られていた訳だ。
    それは平成初期からあるオーサリングツールで…その頃はまだ、「王の権威」その存在は重要だった。

    「売れないと不味いでしょ」

    それを、当時はまだ止める事が出来なかった訳だ、「中華思想の皇帝」としても、”それ”こそが自身の立場を創る原動力であったから。しかし、ある程度の立場が出来上がると今度は逆になる。”それ”はやがて、「王の権威」その真相へ意識が向く。その時、「中華思想の皇帝」は、その足場を揺さぶられる事に。

    …それは、ハリウッドシステム、そういうのにとっても面倒な事態だ。中華思想の皇帝が最上位だからこそ、”それ”は制御下にあり、つまり?「アメリカが王の権威を握っている」そう言うポジションである、我々は正義だ、その主張が可能だった訳だが。皇帝の足場が揺らぐ時、同時に”それ”も揺らいでしまう。当時の状況もある、このまま「売れれば良い」を野放しには出来なくなって行った、「王の権威」そこへ至るルートは全て!排除せねばならない。

    アメリカを守る為である。大義名分でしか無くても。

    と言う状況で、Flashはやがて、否定される様に成っていく…訳だ。HTML5への一本化の流れの中で、理不尽に打ち切られる事に成っていく。そして。”それ”はつまり、「王の権威」否定に基づいて構築されてる「土台」で有って…。”それ”は土台から、利益性?そう言うのを否定する。

    アメリカの方で、「月に千円払えば映画館で毎日一本、映画見放題」と言うサービスが行われた、が。それは結局、「来客が増え過ぎて」経営困難になった、らしい。何でこんな馬鹿な事を?それは、或いは上記の感覚が世界にあるから、だ。大事な事は利益性ではない、それ以外!ともかく人が集まればそれで良い。その方向性は、結局は何故か、経営的な破綻をしてしまった訳だが。

    「艦これ」のアップデート内容に、ちょっと違和感は、有る。修復剤も集めやすくなり、つまり、「無理して課金する必要が無くなった」そこは、かなり感じる。艦これは元々、コンテンツビジネスではあり…ゲーム本体での利益性はあまり重視されていない、が。HTML5が、つまり「王の権威」否定である時、このコンテンツは益々、利益性からは遠くなっていく、のでは。

    土台の問題だ、その上に有る物がそれを補正出来ない訳じゃない、としても。

    そうだろうか?

    アメリカの方で、メディアが一斉にトランプ大統領批判を始めた、らしい。
    「中華思想の皇帝」の影響はまだ残ってて、それは気付くと足場に潜んでいるのかも。

    UnityもHTML5も、そもそも「インターネット」が。中華思想の皇帝、しかし実際には「黄昏の狩人」を盗んだ存在、その影響を、”それ”が見せた幻の理想を残してる訳だ。それは、毎月千円で毎日映画一本見放題、そう言うサービスを目指す。


    アメリカとは、原爆を使った国家である(-_-;)。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。