ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

限度の先に居る人々
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

限度の先に居る人々

2018-10-18 08:57

    重大な問題は、ある。

    ゲームのランキングに乗らない。

    その時に発生するモノは、否定して良いかどうか?だ。


    良くも悪くも、非常に「良い出来」な、このゲーム。
    結月ゆかりのバレットムーン


    しかし同時に、FPSの問題?の様なモノも、そこにはある。
    最初の頃は、数百番台に入る事はさほど難しくなかったのに。
    今はもう、1000番台を超える事さえ、不可能に成っていてorz。
    結果、そこに参加する度に、「ヘタクソ」それは、結果として現れるのだ。

    そして気づく…と、意外とこれがFPSであり、そのゲーム性と言う奴。
    …このゲームに、この先はあるのだろうか?

    このゲームはそこで、「で?」その行為や衝動に、無意味を設定はしてる。
    実績を解除してしまえば買う物もないし?全て見てしまえば、意味も無いのだ。
    後は趣味の問題である。マウスじゃ難しいからタブレットでペンにすべきか?とか。

    正直な話、「そこに居る人々」点数で分布を創れば、自分は「普通」だろう、最多。
    市場原理としては”そこ”をこそターゲットにすべきであり、上位は参考程度で良い。

    これは、意外と、「良いゲーム」なのだ。
    FPSとか?は、こんな感じで良い訳だ。

    でも、「ランキングには載れない」のだ。

    ・・・。

    「民主主義を重視しなければならない」訳だが。
    否定と肯定がせめぎ合う、そう言うモノかもしれない訳だけど。

    「お金に拘る」べきか、否か。
    お金に拘る、市場原理を優先するなら?そのランキング上位は「参考程度」だ。
    その時、ランキング上位からは「ヌルすぎる」もう終わり?その評は消えない。
    そして自身の衝動的にも、↑を目指さん、そう言うのは、ある。
    とは言えそこにもう、その可能性は、無いのだ。

    ゲームにはもちろん、「何の意味があんの?」そう、ヒト事はある訳だが。

    …これは、切り捨て、だろうか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。