ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

神に届きそうな空
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

神に届きそうな空

2018-11-15 08:25

    最後に台詞が有る。

    世界は平等に公平に理想的に管理されねば発展しないのだ、それを理解したまえ。

    それを誰がやるの?

    それはもちろん、この構造に最も精通してる私に決まってるだろう?

    そうはならんやろ。


    独裁創作の、結論にあるこのツッコミは、実際問題”物理的な物”で。
    ”雅”市場、ストリードの連携、そう言うのを設定した自分で有ってもこの壁を超えられないでいる。
    正直、この構造を理解するのは容易く、そして「より上手く!」その可能性が無い訳でも無い、しかし。
    結論としてその先で同じツッコミが待っていて、同じく否定される現実が待っていて。
    結局、独裁創作は利益に届かず、終わる。


    まず、その場に10人が既に居て。
    一人100万円を何とか得られる状態を確保していて。
    そこに一人が入ってこようとすれば、それは問題が起きる。
    平等に、公平に。その時、つまり今までの給料が9/10に成る訳だ。
    それは嫌だ。

    これを管理するのは誰か?と言う時、人間には力不足ではあり、結局今の所、「カウンタ数値」人々の要求、”それ”以外に「適当」が無い。新たな一人が入ってこようとすれば、そこで争いは発生する、それはしょうがない。その争いをどう穏便に解決するか?そこに今までの知恵があり、そしてそれを認めて存在させ続けているのもまた、民意で有り。

    そして結局、独裁創作を売れなくしてるのもまた、その「民意」でしかない訳だ。
    独裁者にツッコミしてその創作を、何かの野心を潰してしまうのも、結局はそんな神の所業。

    しかし、要するに信仰の問題である。

    人間は神に成れない。
    しかし、神の決定は絶対か?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。