大君の遺訓と実際の意向
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大君の遺訓と実際の意向

2019-02-08 14:27

    それでもSEGAは、昭和から続く会社、である。

    その時、それがある程度の地位を持つ、時。
    そこに「昭和天皇の意向」がある、その筈な訳だが。

    彼は、元「王の権威」である。
    自分は、「虹色宝珠」その入選により、実際には彼の後継者、的な資格を手にしたが。
    それは、「中華思想の皇帝」により否定され、盗まれ、隠匿され、そして今に至る訳だ。
    だから、全くの無関係ではいられない、のかもしれない。

    その「昭和天皇」その期待だ、要求。”仕事”だ。
    貴方の会社に求めるのは、その問題ない執行、である。
    そして、SEGAに期待されたのが、どうも「健全なアミューズメント施設の運営」だ。

    いわゆるゲーセン、「不良の溜まり場」それでは無く。
    普通の人が、普通に遊びに行って何ら問題ない、そう言う娯楽施設、その維持。

    昭和から平成初期に掛けて、SEGAはその辺、かなり良い経営?をしていた。
    ゲームセンターにあるゲーム筐体、その殆どは実際、SEGA社製だった、のだ。
    あの筐体への変化により?ゲームセンターは大分、「普通の」娯楽施設に、なった。

    それは当時、或いは昭和天皇、そしてその後にしろ、満足はし得た筈だ。
    「これを続ける限り、SEGAと言うブランドが崩れる事は無い」そんな。

    しかしふと思う、何故かSEGAは、それに対して納得していなかった、訳だ?

    昭和皇后様が崩御した、のが2000年代である。
    それまでは、如何に「中華思想の皇帝」それとしても、大きな顔は出来なかったが。
    「昭和天皇の影響」それがほぼ、完全に消えた、後。SEGAは何かの変質を始めた?

    「健全なアミューズメント施設の運営」をしてくれ?
    なんで?

    いわゆる「ゲームセンターを維持してくれ」この市場を支えろ、と言う要求を、彼らは急にか…諦めてしまったか、捨ててしまった、訳だ。

    現状で、SEGA社がこの辺に何かの意欲を見せている、様子は実は、無い。
    今までの経緯、だろうか。昭和天皇その認証を受け、ゲームセンターを支配していたから?逆に、かなり強引な売り込みでも通ってしまった、訳だ?それまでゲーセンを支えていた人々だ、だから。

    「創れば何でも買ってくれる」そんな、大いなる誤解が、枷の消失と共に始まった?

    そして、2001年に、創業者の大川氏が亡くなられて。
    益々、SEGAは「会社の役目」それを、もしかしたら、見失った。

    DCを捨てたのは、当時の状況もあるがしかし、その
    「なんで?」
    それが理由かも、しれない。

    何で自分らがそんな事をしなきゃいけないんだ?
    自分らには自分らのやりたい事が有るのだ。

    ともかくそんな結果、「認証」と「実際」に、大きな乖離が発生したのかも、しれない。

    今も尚、「昔の様な」そのゲーム施設を求める意識は、重い。
    ”それ”は、SEGAに、かつてのそれを期待する、訳だが。
    その時、それは或いは”艦これ”で言う「榛名」そんなイメージで有って。

    「榛名は大丈夫ですっ!」

    …しかし、現在の”実際のSEGA”は、…違う訳だ、少し。

    「どっちが正解?」

    ここに、非常に無視出来ない混沌が有る、のかもしれない。
    王の権威、昭和天皇の理想とした環境、それは今もまだ、SEGAに対して「榛名」を視ているのかもしれないが、現在のSEGAは、ちょっと同じ名前でも懸け離れた、違う存在、に成っていて?

    しかし、”その”混沌を逆にか盾に、何かの暴走を続けている…そんな感じなのだろうか。

    SEGAに、艦これの「榛名」であって貰いたい、それは今も発生してる執着なのに。
    或いはもう、その可能性は0な、訳だ?

    何処がどう変わると、その辺の混沌は…晴れるのだろう。
    今もまだ、何かの可能性を、何かは探している訳だが。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。