古い鎖とその果てと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

古い鎖とその果てと

2019-02-08 20:40

    要するに。

    もう「SEGAはSEGAで良い」訳だ。
    彼らはもう、「榛名」それでは無い。
    ”それ”への要求は、「ドリームキャスト」それと共に、何処か”違う所”へもう、移動していて。
    SEGAはもう、それとは異なる存在に成っている、訳だ。

    それに対して、どう感じるか?は人それぞれ、だ。
    「チャロンとDCの無いセガなんてコーヒーの入ってないコーヒーみたいな物だ」
    意味が解らないのは言ってる本人もだが、それはどうでも良い話だ。

    SEGAとしては、しかし「榛名」それとしての特別扱い、それだけは堅持したい、かもしれないが…今後は或いは、それは消える、のではあるまいか。

    それはそれとして、自由、それと共に発生する対価の様な物、だ。
    SEGAに対してはもう、「榛名の様に」それは要求されないし、ナンセンスだ。
    しかし?SEGAは逆に、日本から要求される「仕事」それを失った状態、ではある。

    それはそれとして、現状の物理として、彼らは独自に見出す必要があって。

    それは、彼ら自身が決める事、だ。

    ともかくもう、SEGAに対して「あの頃の様な」そんな要求は、無意味だ。


    イメージも、悪い。

    野生動物を、鎖につないでいた訳だが、それを解いて、野生に返した?訳だ。
    「飼い犬じゃねーよ」それは、当然な反発として有って、そう言う認識だった、それは、「王の権威」側の不手際その他だったのかも、しれない。

    今後は、「テレビ」それが、「大賀さん」大衆、「王の権威として相応しい存在」それの認証を示す事になる、訳だが。
    SEGAは、”それ”から認められる様な、そう言う作品を自身らで開発していくしかない、そう言う状況では、ある。


    すると、「榛名」と言える存在は、何処?

    それはまだ、微妙に、存在は実感さえあるが、見えては居ない訳だが。

    変化は、起こりうるか。
    ともかく「健全なアミューズメント施設の維持運営」それは、大事な話だ。
    それを志す技術と意識のある所に、ドリームキャストも有る、筈だ。

    現実は、何処だろう?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。