変化していく戦場
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

変化していく戦場

2019-03-15 10:13

    状況は進行している。

    ただ、それと現実にどれだけの合致が有るのかそこは今もクラウドだ。

    「かむろぎ」それは、自分が想起した組織だ。
    それが、SEGAが捨てたモノを拾いつつ、適当な実績を上げていて。
    逆にSEGAは、それらを失った結果で急激にか、立場を悪化させていて。

    そして、原因として、創業家の理念が、逆に切れない負債、「追い出し部屋の住人」を産んでしまい、それが内部に、奇妙な”独裁性への執着”を残し続けていた。
    それを捨てる為には、その理念を抱えていた創業家には、外に出て貰う必要が出ていて、「かむろぎ」は今、”それ”を要求している。
    何かのごり押しで、一応何となく、SEGA本体は、そこの技術者の多くは、”その変化”を許容はし得る状況、ではある。

    ただ、その外に、SEGAに憑りついたモノ、それがまだ残っていて、懸念を見せている。

    それは大変だな、ところでその「かむろぎ」とやらは何処に有るんだ。


    …にも拘わらず、自分は意識的には”その”状況の変化を、想起の土台にしてると言う異常。
    そしてその混沌の向こうで、ビートたけし氏、その存在もちらほら垣間見える訳だが。


    彼の何が悪いか?と言うと、ある意味での、徹底的な「技術の否定」ではある。
    「才能」のみで、何とかする、と言う様なベクトル。その芸風の様なモノだ。
    そして、”それ”を抑制するのが、何とも非常に面倒な感覚がある。

    何故か?

    「ジャニーズ事務所」そのベクトルが、”それ”に対して全く同意がないから、だ。
    実際にはそれは、訓練して”期待される性能”をもたせる、と言う方向性ではあって。
    その極論化が、兵士生産工場、そう言う流れに繋がる。そこには悪夢も恐慌もあって。
    ジャニーズ事務所自身は、100点のタレントを送り出す、所までではあり”その先”は、もっと上位の意向による、のだが。

    その先が、それ以上の理念…を、持って無かったら?

    結局は、ジャニーズ事務所、その意向がテレビを通じて世間へ影響してくる、訳だ。

    ビートたけし氏は、そう言う状況に対するアンチテーゼではあった、のだけど。
    ”それ”が今、ちょっと無視出来ない悪意として、どうもある様だ。
    ゲームが台頭する時、ビートたけし氏の言う「才能」それは、意味がない。
    クリアすれば良いなら?誰だって「必要な努力をすれば良いだけだ」からだ。

    「こんな事、何の意味もないよな、誰だって出来るんだよあんな程度は」

    そう言う物言いは、ゲームその物の否定でさえある。

    SEGAはしかし、その影響を、何だか強く受けていた…そしてそれはまだ少し、残る。

    もちろん、「結果は出ていない」のだ。
    或いは主観的な理解だ、彼の関わる作品は、理不尽とも言える否定によって消えて行った。

    その作品は、何がどう悪かったか?

    「彼が関与していたから」だ。

    ゲーマーにとって、ビートたけし氏の感覚それは、”絶対に”受け入れられない「何か」だった、らしい。
    そしてまた、彼の個性か何かは、そんな「それは丁重にお断りさせて頂きます」に対して、”諦めずに浸食を企てる”訳だが。

    ともかく、と言う想定なら?現在は最上位が「大賀さん」である。その前に対して、ジャニーズ事務所は、コンセプトからしてもそれ以上の影響を持たない。
    故に、「勝てばいい」時、ビートたけし氏のそれは、結論で、負け組のそれではある。

    SEGAに憑りつくのは、この時、切り捨てが出来なかったから、だ。
    しかし、ならその「かむろぎ」なら大丈夫なのか?

    現在の想定では「大賀さんの決定に従う限りは」それを否定はしない、訳だが。

    その時、ビートたけし氏は今、その芸風その物を否定されてしまうのでは。

    何かは、残る。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。