日常と言う名の部屋の中
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日常と言う名の部屋の中

2019-04-16 07:18

    取りあえず、「紲星あかり」買いました。

    で?

    ええ。

    ともかく、「紲星あかりの赤裸々トークショー」、喋らない?と言うのは重い不足感ではあったんだけども、結構問題も有りました。

    まず、Aviutlが使えない。
    MPEG-4への書き出しが出来ない?!と言うのは、ちょっと問題が大きすぎた訳ですが。

    とは言え、「windowsムービーメーカー」それには、”マルチレイヤー機能は無い”訳で、通常だとBGM入れると音声は重ねられないんですよね。
    …だもんで、「まあ声の追加だけでも」とか、つまり”元の映像ファイルに”音声だけ重ねようとか思ったはいいけど、元の映像だと、実際に喋らせたスピードと、文字の表示時間が合わない(;´Д`)。様々小細工しようと思ったけどやっぱり無理で、結局、文字の表示時間を合わせたファイルを作り直す、と言う事態に陥りつつ。

    …しかも、”それ”を一旦映像ファイルで出してから、”それ”にもう一度BGMを合わせる、と言う二度手間をする事に成り。

    如何にMPEG-4と言いつつ、画質の劣化その他はちょっと、避けられない。
    しかも、どうも環境の問題でしょうか、出力時さえ微妙なノイズが入ってあんにゅい。
    …ついでに、元のファイルがそもそも音声無しでの調整?してる結果か、どうも「余計」感があって、微妙。
    そもそも「オーダーが無い」と言う起点の無さは如何ともし難く、まあ。

    状況、むしろ悪く成ってねーか?

    重い疑問の中をともかく何だか、結構手間取ってしまった。


    とは言え、まあ確かに喋らせると「一つランクが違う」感じはしますな。
    映像畑はぶっちゃけ他人毎だった感は有る訳ですが。
    良くも悪くも”これ”は、そう言う世界の入り口かもしれませんが。
    「これ」を許容しろ、と言うそれは、自分の”今まで”その結果、でしょうか。

    ”この”先は有るか否か。
    また、気分が乗りましたら次を創るかもしれません。

    その際はまた、よろしく。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。