正義を抱えた邪魔な老人
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正義を抱えた邪魔な老人

2019-04-23 23:25

    この物語はフィクションである。

    とは言え想定と言うより、比喩的な絵だ。
    そして、事実と感情論が衝突していて、答えを出せない。

    ゲームがある。売れなかった物、だ。
    携わった人は、そこに何かのブレイクスルーを夢見たが、それは認められなかった。
    時が経ち、やがてレトロゲームを懐かしむ風潮が起きてくると、”それ”もまた、じわじわと話題に上がっていく事に成る。
    ただ、実際に目にした人々の多くはやっぱり、「うん、面白くない」そう言う結果に成った…再評価には成らなかった。
    今でも、それに対して作者は「悪くなかった」そう、考えていて。

    誰かがそれに対して言った。

    「そんな売れなかったゲームどうでもいいじゃねーか、邪魔だよ」

    ”それ”に対して、憤慨やるせない。


    売れなかった理由は、今の基準で考えると割とハッキリはしてる。
    それは作者の作家性、”独裁性”が強く、そして反ミーハー的な意識で出来ていて、人と違う視点にちょっと拘り過ぎて、プレイヤーとの感覚の乖離を産んでいた。
    簡単に言えば、「昭和天皇を倒せ!」それを、密かなテーマにしていた。”それ”は主観変換され、魔王を倒す英雄、と言う絵でしか無かったが…「なんかキモイ」そう、当時も評されていて。

    当時にしろ、プレイヤーの不満に対して、屁理屈的ではあっても屈した事は無かった。

    故に作者は今も、「自分が間違っていた」とは思っていない。しかしするとそのゲームの絵は、単純に「天皇暗殺を目論むテロリストの物語」でしかない訳で。作者の理解としては天皇制こそ諸悪の根源だ、アメリカの様な大統領制にするべき!と言うのが主張であり、それは今も変わっていない。日本はアメリカに負けた国だ、その国が大国の様な顔をしているそれは理不尽だ、身の程を知らねばならない、そんな極論に支配されていて。

    彼はその後も、同じような作品を創り続ける。何でかと言うか、色々と支援か何かは有って、”それ”が可能な状況は続いても、「ヒットした」と言う事は無いまま、そのゲームが置かれていて…今も、やっぱり客は付かない。まるで同期する様に、ゲーム文化は衰退していった。

    平成も過ぎて、令和が始まる時、”それ”は今も何かの、「私は正しい」そう言う壁としてそこに有る。

    売れる作品を創ろうとする時に、それはほぼ”必ず”忍び寄ってくる影だ。その陰惨なオーラと或いは剣呑な言動と共に、それは触れる作品を悉く壊して?いく。失敗の度に膨らんでいく意識は、或いは信念の様な理由にも成っていく。日本は発展するべきでは無い、アメリカの属国なのだ、身の程を知らねばならない、ヒット作を出そうなどと、許されない、私は、正しい事をしている。

    それは老いた今で有っても、「邪魔だ」それで片付く話では、なさそうな気がする。


    これは想定でしかないが、考えるとやっぱりと言うか、深い奈落がここに有る、気はする。「正義は勝つ」時、それは重い疑念を向けてくる。「では、何故私は勝てないのか?」私は正しい、私は正義だ。正義が勝たないとしたら、それは現実がおかしい。

    「大賀さん」それを前にし、既に敗北してもそれは、”負け”を認めない。動かない何かと、或いは重い同意、支持を背に有り続け、何かは衝突して今も、そこで妙な軋みを上げている。

    ”それ”は物理的な戦争を起こす事に、何らためらいを持たないのだ。
    もちろん、核兵器の使用さえも、だ。

    売れたかった訳じゃない。
    「自分は正しい」と証明したかったそれを前に。

    小さな島国の正義は、どうなるのだろう?


    何だか、不意にまた。


    需要が有る、と言う事は良い事だろうか。
    ともかく気が向いたらまた。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。