平成の膿は令和の傷として
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

平成の膿は令和の傷として

2019-05-02 12:47

    DOS/V系に、何かの深刻なストレス?

    重大な話で常に出るのが「お金を払え」それは。まあ。
    責任を取れ、賠償をしろ。
    そりゃそうだが。


    「マスコミの恐怖」は、Windows8系には無い。
    理由は、「ストリードが張ってあるから」だ。
    責任は「大衆」今は大賀さん、”そこ”に集中する。

    しかし、「Windows10には張ってない」のだ。

    結局、「マスコミ」は、その”負の影響力”を「使う」事を選択してる訳で。
    「大賀さん」はそれを止めてしまうから要らない。それは今も勿論、継続中ではある。

    アメリカの威信を背にした時、アメリカの正義!を選ぶなら、原爆の使用は正しい!で無ければ成らない。だから、Windows8系は、「売れねば!」それは実績を無視して否定され、Windows10に半ば強引になった、は良いが。

    結果で、世界全体のPC、その売り上げは激減した。

    「どうしよう?」

    それは、自分がどうのこうの言える事態ではない、のだが。
    ともかく自分が「働く」自分の為に、その時。その影響力?は、或いは発生する感覚は、Windows10の否定に、「マスコミの拒絶」それに、向いてしまう。
    それは推進中の相手に、強いストレスを与え、「マスコミ」を刺激し、何処かに”犠牲”の危険性を発生させる、可能性がある。

    しかし、日本の今までよろしく、”それ”を恐れて行動しないで居たら?自分もじり貧ではあって。
    もちろん、行動できる訳じゃないのだ、「外側は全てマスコミ側」な訳だから。実績、結果も出ない、だったら動かない方が寧ろ、損害は少ない。

    何もせず引き籠っていれば、事態は打開するとでも?

    状況として、「何を言ってるんだ?」と言う、状況はある。「令和」にも変わった、そこは大きく変化した、かもしれない。新しい令和天皇は戦後生まれだ、根本的には、戦争責任を持たない。だから、傾向として戦前の様に、「これは我々の正当な権利だ!」それを”許可”してる可能性は、高く。それはアメリカの、ある種の弱まった現状に、重いストレスを与えかねない。

    そして、DOS/Vにも、存在の必要性がある。
    「共産主義」に対してやんわりとした抑止をする、そう言う。
    しかし今のままだと?DOS/Vの構造その物が「機械としても使えない」そう言う感じに。
    「貴方はもう要らないでしょ?」それは、共産主義を支持する人々を過剰に刺激する。

    シングルタスク準拠、”全て”をCPUが監視し管理する、そう言う構造。
    それは、ボトルネックを発生させ今、CPUのパワーを十分発揮できなくする。

    「個人の力には限界がある」

    一応、”その範囲で”使えない訳じゃないのだ。
    単に、VRとかの高い負荷には”単体では対応出来ない”だけだ。
    そっちは、マルチ、メニーコアへのベクトルを取るしかないが。

    平成初期に、或いは奇妙な恐慌から、過剰な市場侵略を行ってしまったかのDOS/Vは。現状も何かの弱さを抱えてはいる。「間違えた」それを認めたらDOS/Vその物の、存亡の危機だ。とは言え、PCは問題なく衰退中ではあり、そして今更、Windows8に戻す、なんて事は出来ない、状況には有って。

    この辺も、帰結が見えない。
    マスコミは相変わらず、何かの無責任な拡声器となっていて。

    その果てに居る水爆を持ったカバは今、”それ”を、何へ向けているのか。

    ”それ”よりも「大賀さん」に逆らう方が怖い、かどうか。
    しかし、太平洋戦争末期、日本は特攻隊を指揮したのだ。

    自爆テロだろうと、彼らには正義がある。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。