夢魔の中でつぶやく声
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夢魔の中でつぶやく声

2019-05-20 22:11

    どうにも弱さはある。

    それが、微妙な壁に成ってる。

    「帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進せよ!」、庵野秀明氏の初監督作品に対する、そこに有る、勝手なイメージだ。

    ”売れなかった”のだ。

    それこそ労苦もコストも分不相応に費やしたのに、だ。

    その上で、それは或いは、尊敬し得る諸先輩らにむしろ、唾棄すべき失敗作と言う評価を受けて、粉々に破壊された。

    その後にそこに発生する、何かの変質か、理解?だ。

    色々あって、彼は特撮を離れ、アニメへと移った訳だが。

    その時、何かが歪んでしまった…そう言うのはふと、想像はする。


    当然、想定として自身が把握する最初の「中華思想の皇帝」それは、”彼”だ。
    ただ、そこには当然と言うか、何かの心理的な正論、理由がある。

    彼は何をしたか?と言うと、既存のウルトラマン、”それ”に対して「全然ダメだ」そう言う意味を、その作品に載せてしまった。
    ちょっとした、それは若さの象徴でしかないが。
    当時の環境はでも、それを容認し得る余裕、そう言うのは無かった。

    ”遊び”でそこまで金を使えるのか、良いな。

    そこには、何かの大きな溝は発生した訳だ。

    当時の、或いは成功前の切実な苦労を、その創作はあざ笑う様な事に成って。
    ちょっとした認識の間違い、だ。相手のは仕事だが、それは遊びだった。

    彼らは、”それ”を遊びと言う認識にしか成れなかった訳だが。

    その集団として、思慮が足らなかった、訳だが。


    彼らは次第に、意味や意義、理由、それを失って行く。

    先輩方、その拒絶の理由は、でも感情論でしかない。
    円谷プロ、彼らがその作品を、必死に創っている理由だ。
    綺麗事かもしれないが、それでも、犠牲に成る人々それを護らんとする、意識。

    それは解らなかった。
    多分、「自分はその時、助けて貰えなかったから」だ。
    当時はそう言う時代だった、全てを救えない人々が、世界を護らんとしていた。


    円谷英二氏と、庵野秀明氏の間には、何かの溝が出来たのだろうか。

    円谷英二氏は、庵野氏を救わねばならなかったのかもしれない。
    庵野秀明氏は、円谷英二氏の努力を、認めねば成らなかったのだろうか。

    ”自分の様な存在”を救えなかった、それに対して。

    庵野氏は、自身の作品の中で、”自分を”救うべきだったのだろう、けど。
    「そのうち気づくだろうよ」その想定の甘さは、何らかの不足だったと言うべきか。

    それはいつか、叶う日は来るのだろうか。


    あのランドセルの少女は、どうなったのだろう。


    「人を頼るなよ、俺らはそうして来たんだ」
    「…そうですね」


    まあ、妄想にしては、よく出来てる。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。