ハコテンの先にある定め
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハコテンの先にある定め

2019-07-17 07:44

    「大賀さん」は、仕事をしている。

    存在が必要とされる”役目”を持っている。紛争解決。

    ただ、「大賀さんにならん」その人々には、役目も存在する理由も、無い。

    人間的な視点では、”そこ”は最後に左右を決めている存在、だ。
    その結果で、現実も同じく動いたりする。ここが右と言えば右だ、今までは如何に左と言われて居ようと、だ。
    この意向で、富、或いは幸運の方向が変わってくる。
    世の中を動かそうとしたら、”ここ”を動かす、と言うのは一理あって。

    どっちの世界が良い世界か?だ。
    それが誰かの任意か、それとも仮想現実の戦争で決まるか?だ。
    今の所、勝者は後者だ。しかし、前者が少なからず、居る。
    或いは「麻雀」それを土台にした経済システム、その悲願かもしれない。

    そして今、その前者の経済システムは、システム全体がその「ハコテン」を喰らってしまい、そのルールに則って、”然るべき適用”をされようとしている。

    「こんなのは遊びだ」

    なら、今までも全部そうだ、それらは暇つぶしとしての価値しか無かった事に成る。
    価値が無い”それ”が売れなかった、それは?単なる道理でしかない。
    お金を得ようとすれば仕事するしかない、が。この方向性にあるスキルは、殆どがその時、何の価値も発生しない。”他人を蹴落とすスキルしかないから”だ。「それは犯罪です」一般論の反応。

    何かの期待は、この時それでも、彼らが麻雀を捨てる、そこには有るのだけど。
    「その後」を考えても、或いは今までの経緯をみても、そうなっても、罪が許される、なんて事は無い、のかも。

    ともかく、ジャニー喜多川氏は亡くなってしまった。
    或いは、そこにあった何かと共に、だ。
    世間の大部分はその時、或いは「親」それを永遠に失った訳だが。
    親の権力それはもう、殆ど当てに出来なくなった。

    親を失って、麻雀の領域は存続する事が出来るのだろうか。
    出来ない気もする。
    だったら。

    道理の結果は、何処に行くのだろう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。