ハンドスピナーを廻すモノ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハンドスピナーを廻すモノ

2019-07-29 07:17

    「Youtube」は、スポンサーあってのメディアである。

    だから、”そこ”で稼ごう、と言う以前に、まず「スポンサーの存在が必要」な訳だ。
    この時、逆に言えば「スポンサーの方は、ご遠慮ください」そう言う視点は有る。
    自分でお金を払い、”それ”を自分で回収してたら、意味が無いからだ。

    ”それ”に該当する存在がそこでは否定される、と言う、それは道理として有る。


    「ニコニコ動画」は、創作を”娯楽として”楽しむ、そう言うメディアである。

    だから、”ここ”で稼ごう、と言う以前に、まず本人が遊んでるかどうか?は大事だ。
    この時、逆に言えば「利益を求める方はご遠慮下さい」そう言う視点は有る。
    仕事として始めてしまったら、本人の娯楽性など二の次に成るからだ。

    ”それ”に該当する存在がそこでは否定される、と言う、それは道理として有る。


    と言う理解で行く時、「カウンタ数値がおかしい」そこには、理由がある。


    本来は、と言うか「この想定」で行くと、なら何処かに「稼ぐ事を念頭にしたメディア」が有る筈、な訳だ。

    「かむろぎ」それをそう言うメディア?だと設定する。


    「かむろぎ」は、創作を売る為のメディアである。

    だから、”ここ”で創ろう、と言う以前に、まず売れるかどうか?は大事だ。
    この時、逆に言えば「娯楽性を求める方はご遠慮下さい」そう言う視点は有る。
    楽しむ方を優先して利益性が無かったら、次を創れなくなってしまう。

    ”それ”に該当する存在がそこでは稼げない、と言う、それは道理として有る。


    同じ「自由な参加」と言う、創作に関して一つのフロンティアを形成しようとした思惑が、”それぞれ異なる”訳だが。
    理解として、”この”3方向が存在する時、人は何処かに居る事が出来る、気はする。

    稼ぎたければ「かむろぎ」に。
    楽しみたければ「ニコニコ動画」に。
    残したければ「youtube」に。

    そんなニュアンスとして。


    問題は今まで、「王は一人」だった事、だ。
    だから、「何処に居るのか?」が、非常に重要に成っていて。
    それが何処を向いているか?と言う結果、向いてない方向は切り捨てられた訳だ。
    この時、ニコニコ動画とYoutubeは必ずしも利益性を求めない、と言う点で、同意は出来る…どっちが上?と言う問題こそあっても。
    多数決で負ける結果、「かむろぎ」は排斥された、訳だ。

    そして、”ここ”には何かの、経済的な破綻が始まった。
    創作での利益性を無視する時、世間へも同じく利益性への否定が起こってしまう。


    良くも悪くも、「そう言う時代」の王、ジャニー喜多川氏が、亡くなった。
    その時、”この辺”の感覚も、微妙に揺らぎ始めた、と言う事はある。

    今、誰が王だろう?

    ハッキリしなくなった。

    ともかく、お金は必要だ。
    働くその否定は、全体の衰退をも招く。

    現在の、それぞれの方向の王は、良くも悪くも、何かの拮抗した状況に有る。
    お金が無ければ維持出来ない、のはyoutubeもニコニコ動画も一緒だからだ。

    とは言え、多数決的に「かむろぎ」はまだ、2対1と、弱い立場にはある。
    ただ以前の様に、一人の王の思惑だけで決まる、と言う状況でも無い。

    ただ”それ”を指向する思惑がまだ、そこに有る訳だが。

    脅威か、過渡期か。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。