味覚と言う固有な共有
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

味覚と言う固有な共有

2019-08-07 21:14

    不意に、とある「野菜炒めラーメン」の話。

    まず、材料、二人前。
    タンメンのスープ、一袋40円位×2。
    4つで200円の麺(つまり一食50円)二つ。
    98円前後の野菜炒めセット(二食分)。
    ジャガイモ一個。
    卵一個。
    適当にハムとか、焼き豚とか、肉とか。
    片栗粉5gくらい。
    水、200cc(お茶碗一杯くらい)

    作り方。
    まず、野菜炒め餡。
    ともかくまずジャガイモの皮をむき、細切りにして、大さじ2杯くらいの油で炒める。
    火が通った所に、野菜炒めセット投入。
    適当にハムとか、肉系を加え、十分火を通す。
    200cc前後、5g?程度の水溶き片栗粉に、塩を2g?位いれて、とろみをつける。
    とき卵を入れて、適当に混ぜる。

    ラーメン本体。
    規定の時間で、麺を茹でる。
    300ccの熱湯で、タンメンスープをお椀に創る。
    茹でた麺を、スープに入れる。
    そこにさっきの野菜炒め餡を乗せる。


    「普通」ですね。

    …とは言うが、コスパが良い、のかもしれない。
    ちょっと妙な後引く味わいがある様な無いような、ちょっとした不思議。

    原価200円程度で創れる、と言う意味ではなかなかのコスパではあり。
    そこに「美味しい」を感じているのか、ともかくふつーのくせに、中々?

    と個人的には、思う。でも、味覚の問題ではあって。

    何かの発見だとしたらこれは、一つのレベルアップのファンファーレ、の様なモノだと思うのだけど。
    自分がこれを「美味しい」と思う時、世間に出ている物はどの程度「美味しい」のだろう?そこは不意に、疑問に成った。

    その感覚で創り描き続けているモノ、それは果たして。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。