とある袋小路に居る何か
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とある袋小路に居る何か

2019-08-09 08:37

    とあるドツボが有る。


    スポンサーサイドで、ウケないけど、金目的で描いてる人は、どうすれば良い?

    地獄?

    理屈だ。

    趣味じゃないから、同人やニコ動には合わない。
    スポンサーサイドだから、Youtubeでもいらない。
    ウケないから、かむろぎ、商業創作にも居られない。

    経緯の結果、そこは地獄で、堕ちちゃったんだな、って納得で、良いのだろうか。


    こっちの理解?では、飯塚容疑者が何言ったって罪人でしょう、でオチではある。
    ただもちろん、彼はそれを認めない、悪いのは自分じゃない、それを言い続ける?
    それに、何だか近い。

    それは「大賀さん」その決定には絶対に従わない!と言う…何かの変質でさえ、ある。

    そのターゲットは、大賀さんに向いてる。それはまあ、ある種の吉事ではある、が。


    状況の想定だ。

    或いは、セブンイレブン、そう言う大手の重役?役職、その娘が、居て。
    ”それ”が、「中華思想の皇帝」そこに入れこんで、その思想に染まる。
    「皇帝」の思想その物にはその時、道理もあるから、大手さえも飲み込まれて。
    何だかその人は、その中で、奇妙な影響力?のある位置へ登る?事に成る、が。

    その人はウケますか?と言うと、ウケ無い。思想の問題か、商業主義へ傾倒できない。
    そもそも当時、皇帝は王の権威を排除せねばならなかった、”それ”に同調したら。
    しかし極論化の結果、皇帝からも疎まれ始め、何だか憤りと言うか憤怒が蓄積する。
    だから、か。作品は、益々ダメに成っていくが、何かの腫物的な事態へ。
    それはそれでも、皇帝の為!か、その特権を用い、王の権威への嫌がらせを続ける。

    …それは、想定が正しいなら”十数年にも及ぶ”訳だが。

    しかしやがて「大賀さん」が設置され、中華思想の皇帝は、事実上の失脚になって。
    しかし?その人は残り、その極論化した思想のまま、大手に暫く良くない影響を現し続ける。

    …その結果として、7Payの破綻があった、と言う事は無いか。

    ともかく、7Payの破綻の様に、だとするとこのままでは、この存在は数百億円単位の損害を出し続ける事に成る訳だ。
    本来、その大手が染まったのは、昭和天皇、”そこ”にやっぱり依存していたから、で。
    ”それ”が或いは、損害の痛みと共に、それは皇帝では無い、今なら大賀さん?だ、と言う「理解」に成る時、彼女とは相いれなくなる。

    彼女は、その大手の支援?を失う事になる…だろうか?

    ともかくこの「諸悪の根源はお前か!?」的な、そう言う状況に理不尽は無いか。

    …もちろん、被害者としては、そんな話はどうでも良いのだけど。
    ゴブリン化していたら、それでも彼女は、大手の足元を見つつ、何かをやろうとする。

    その果ては、果たして。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。