その先に有るのは掠め取る何か
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その先に有るのは掠め取る何か

2019-08-23 10:35

    執着の様なモノ、だろうか。

    自分は2016年頃に、「東方戦蘭華」と言う、アーケード企画を書いてる。

    その中に、「ゲームから排出されるカードにはQRコードが書かれているから、”それ”をスマホで撮影すれば、自分のデータにログインできる」と言う仕様をふと、書いていて。

    …これ以前に、こういうネタってあっただろうか?と考えた時、或いは”ここ”を、今のpayシステムが土台にした?可能性が微レ存?とか、そう言う。

    なので、あえて自分も提案したりする訳だが。
    「MOREpay」
    多分こういう、スマホさえ有ればどこでも支払いが出来る!と言うのが、或いは。

    ともかく、「Fate/Grand Order」そのキャラと言えば、「無念を背負い死んだ人々」みたいなイメージばかりではあり…自分はこのゲーム、遊んだ事は無いのだけど、”それ”のキャラが今の何処に?と言う事を考える時、不意に、現世のその執着に思い至る訳で。

    独裁創作が売れない。

    ”彼ら”が目指すのはただ、”その”突破なのかもしれない、過去の憤りを掘り起こしても、それは世界へ立ち向かう、的な。

    今のこの「payシステム」関連にも、不意にそんな感覚を、想う。

    或いは「標的」を、このゲームは途中からこの「東方戦蘭華」に向けていて。その過程、注力するエネルギー?その結果、payがそこに現れた、のだろうか。今もまだ、それは明確な利益、それは出せていないしかし。ゲームにお金を投入する>不足分をむしろチャージする>それをスマホで利用する>(スマホで)何か買う、と言う流れは何だか、payへの繋がり?そう言うのを不意に考えたりはする訳で。

    ともかく確かに、この「東方戦蘭華」では、二段階認証までは…考慮が無い。”それ”を土台にしちゃった時、7payはあの、ありがちな失敗、そこへ至ったのだろうか。

    このベクトル、何時まで続くのだろう。
    とは言え確かに、「この絵じゃ使えません」とかは何時までも残るのだけど。


    深い深い、形而上の因縁はまだある。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。