それは或いは正確な模写
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それは或いは正確な模写

2019-09-11 17:55

    コンビニも或いは、何かの分岐点には有る。

    のかもしれない。

    「皇帝の弟子」頂点の”それ”が居る限り、求められる利益性、それへ舵を切れない。
    ”そう言う構造”なのだ。そして、それが全ての問題を起こしているのも、解ってる。
    そして”それ”は、王の権威、そのオーダーに対して逆走した結果、対立感情を内部に重く敷いてしまっていて。
    それは結局、重い加害を、王の権威に対して発露した訳だが。ただ、それを作った存在、そしてオーダーを提案した存在、その両者とも、或いはもうこの世の人では無い。

    彼らが残したモノが、人の制御を離れ、或いは様々な狂いの元凶と化している訳だが。

    打開が見えない。

    そんな中、前にただ、進む。

    その作品の中?のイメージで言えば、”コンビニ”を手に入れて、改良する、と言う話は一つ、ある。白いか、強力な竜の様な存在だ、それを倒し、そして直す。理解として「ガンダム」も、或いはそう言う経緯を経ている…期待は有るが、解らない。どう考えても適当じゃない人事を、それはその巨大組織の中に敷いてしまい、その指向性は、王の権威を倒す!或いは、そこへと集中する。
    実際、それは或いは、「アート」昭和の芸術、その帰結かもしれず。
    しかし”それ”は、王の権威に対して敵対するそれでしかない。
    そして、もちろんオーダー?それは、それを主眼とはしていない。

    オーダー、それは何だったのだろう。


    自分のイメージとして、「九尾の狐」それは、”これ”の事ではある。

    真似勤


    そしてもしかしたら、”これ”と似た何かが、「コンビニ」その土台だったかもしれない。

    そして、”これ”が正確な描写だったとした時、”それ”と差し替えても、問題が起きない?

    色々と、動いた…か?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。