それは何故それを求め創ったか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それは何故それを求め創ったか

2019-10-06 10:58

    それをどう見るか?ではある。

    とある兵器工廠に依頼がある。

    「戦争を終わらせる兵器を創ってくれ」出来れば被害を最小限に。

    何と答えるべきか?

    目的は問題ない、もちろん手段も問題ないだろう。それが出来れば懸念は消える。
    と言う訳で、現場による一つの解答、それが「伊400」に代表される、潜水空母ではある。

    無意味か?

    それは、返答に窮する。

    ともかく兵器開発をする側からすると、追及にはキリが無い。飛び立つ戦闘機の性能、潜水空母本体の能力、或いは投下する爆雷の威力や命中精度。ともかくこれが期待される性能を発揮し、ニューヨークへ電力を供給してる発電所を破壊したり出来れば形勢は一気に代わり、或いは休戦へ。

    無意味か?

    と言うのが、多くある縦スクロールSTGには投影されている?と思うと、その難易度や無意味さ、そう言うのにも理由は発生してしまう。そして、”それ”に合致して居る時、何となく、利益はともかく評価は残っていく、感じ。

    こういう方向での「再評価」は出来る。それを意識する時、「なんでこんな事をする必要が?」それに意味があり、追及に届かなくてもそれは、無駄な行為とは思えなくなる人が、相応居る訳で。それは多分、次へどんどんと、繋がっていくのかもしれない。良くも悪くも「ゼビウス」縦スクロールSTGの代表作、そこに投影されているのが”そう言うイメージ”だったのだろうか。何にせよ、こういうのを「見つける」のに、王の権威その感覚は便利と言うか、或いはその為にさえ有る物ではあって。だから、「王の権威が認めれば、売れる様に成る」それは、間違いなのだけど。

    ともかくそれを通して見ても、「一人でイースみたいなRPGなんか創れる訳ないでしょ」と言うテーマである(かもしれない)「美鶴さんの長い妄想」それは、問題はある。

    …それは、駄目じゃね?

    ”これ”はやっぱり、再評価し難い、内容は悪く無くても、だ。

    「王の権威」それさえ認めれば売れる様になる存在、その幻想は今も、何かの問題を起こし続けては居るのかもしれない。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。