旧と新の狭間と歪み
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

旧と新の狭間と歪み

2019-10-13 15:06

    理屈の問題だ。

    「最高点は1000点かもしれないが、合格点は60点以上だ」
    合格した存在にそれ以上の差は無い。後は単なる趣味だ。

    ゲームセンターのコンセプトとしては、”こっち”の方が良い。

    色々そこに発生してる歪みの、その結果として、”今まで”そのコンセプトは、妙な「トレース」つまり”被せ”を誘発し、”それ”が評価されない事に憤り、そしてそれを評価させる為に暴れ始める、と言う問題行動を起こしてしまう。

    しかし。

    60点以上は”どれでも一緒”だ。

    その理由で、一応は”その”暴走は止まる。

    「独裁創作として」300点位を出しているのに、”評価”されないのはおかしい。
    しかし、「60点以上のそれは無意味だ」と言う時、それはおかしくない。

    後は、”上”の胸先三寸だ。
    利益に成るかならないか?それは、その時の”上”の趣味でしかない。

    確実性を取ろうとしたら、それは、”上”のオーダーを満たす事で、”上”に対して対価を要求し得る。
    そして、今の”上”は、その方向でしかほぼ、創作は買わなくなってしまった、余りにも”上”にとってハズレが増え過ぎたから、だ。

    今の”上”は、選んだ作品のほぼ全てがそこそこ面白い、そんな状況を願ってる。
    現場としては、それに合致していかないと、生活は出来ない。

    「自身の邪は、自身で倒さねばならない、認められたいなら尚更だ」

    その時の、「邪」その評価基準としては。一理ある絵かもしれない。
    ”上”の要求に逆らってはいけない。反逆せんとする、”その”心が悪だ。

    じゃあこれは?

    不服従さが強いから、まあ30点かな。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。