お金と言う虚無か未来の二択
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

お金と言う虚無か未来の二択

2019-10-16 13:41

    大災害の後だから、だろうか。

    「お金」それへの感覚が、ちょっと変化しつつはある。

    「一万円札」それは、日本銀行券だ。
    ”そこ”に有る金額それは、実は20円も無い。
    あくまでも国が、「価値を交換する際の手形」として、保障しているに過ぎない。

    必要なのは、”その本体”だ。価値その物。

    ”それ”が無い時、その一万円札は、何の意味も無い。

    お金を積めば、災害は無かった事に出来るのか?
    それは無理だ。

    その時、ともかく今、必要なのは何か?

    言うなら、未来への展望だ、この先の暮らし、その立て直しと復旧、回復。
    どうすれば良い?何をし、どれを使い、何を用意すれば事態は打開し得る?

    途方に暮れる。

    もちろん?お金がある、なら、それはもちろん意味がある、が。
    しかし、良くも悪くも”それ”は、単に働いた結果「価値」それを備蓄しているに過ぎず、それを引き出せる手形がそこに有る、に過ぎないのだ。

    無い場合は?

    価値を軽視していた場合は?だ。

    「価値」それは、人々の同意の束、だ。そこに100万人とか人が居るのだ。”それ”が襲ってくる時、彼らはまず疑念と不満しか言わない。それに耐えられない時、「出ていけ!」それは言葉に出るのだが。

    その瞬間、そこに”価値”それは存在しない事になる、訳だ。

    価値が無い、だから、不意に、「暮らせない」継続できない感覚が何処かに有る。

    それは、変化の結果だろうか。

    物々交換、無形でも、それが出来るなら結論でお金と言う紙ペラは、いらないのだが。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。