死を目指した物は罰を受ける
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

死を目指した物は罰を受ける

2019-10-19 13:12

    食い下がる物はある。

    「曼珠沙華」その問題は相変わらず続いている。

    理由は安定している。そこに登場する姫君が、”実在の誰か”なのに人妻で、そしてその人に言い寄る存在が「その人の夫では無い」と言う事だ。「それは有り得ない」のに、歌は何かの”その先”をパワフルに要求?する。そこにはやっぱり、悪意さえ垣間見える訳だが。

    リア充爆発しろ、に対して、システムの反応は”かなり”剣呑だ。
    しかしその後ろにはあの、デッドバイデイライト、そのゲームシステムが或いはある。

    一人吊るして、後は”それ”が死ぬまで、その周囲でうろつけば良いのでは。

    彼らは、”これ”を「システムの欠陥だ」とは認めない、訳だ。
    しかし、その結果、”そうなる悪夢”を人々は否定し、ここに来なくなる。
    結果、ここには結論で人が居なくなる、”ここ”の感覚では「価値が無くなる」訳だ。
    換金性が、根本的に無い。

    ”これ”が、アインシュタインの相対性理論、それを土台にしていようと、「だから、太平洋戦争は起きたし、原爆は使用され、今も経済的な破綻を招いている」と言う理由には繋がってしまう。彼は優秀な物理学者だったかもしれないが、経営的な面で言えば無能な豚だった訳だ。理由として、今もこれは覆らない、しかし。

    少なくとも「大賀さん」それの決定に不服な人々はまだ、”ここ”に居る訳だ。

    それが、想像以上に、万の単位で居る訳だが。
    とは言え、価値の感覚では、数万円?ではこのゲームを維持するそれは無理だろう。
    このゲームは維持出来ないし、そして結果としても太平洋戦争を引き起こした、これは単純な欠陥品でしかない。

    しかし、”ここ”には、アメリカが勝者だった時代が有る訳だ。
    原爆が使用されるまでは、彼らは選ばれた人々でさえ有った。

    アメリカは今、実務能力はともかく、システム的な面での特権?それは失ったのかもしれない。”雅”市場は現状の土台でさえある、”これ”が世界の経済的な破綻を防いでいる、のだが。不満はある、負ける人々は必ず居て、それは目の前を塞ぐ岩を破壊する、強力な爆弾を求める。

    このデッドバイデイライトのシステムに「価値が無い」としたら、それは選ばれし特権それは存在しない、そう言う意味だが。

    それでも、原爆は20万人を一瞬で殺したのだ。
    台風には、何の影響も無かったが。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。