客が来ない店
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

客が来ない店

2019-10-21 11:13

    混沌は続く。

    本来、「大賀さん」紛争解決機構それが期待される性能を持つ、時。「デッド・バイ・デイライト」この処刑機構は必要が無い。何度挑まれてもむしろ「いらっしゃい」だ。対戦ゲームが盛況である、それは問題ない。

    ただ、最終的にはそうでも、「その場」として、直ぐに追い出したい、時。今の状況でもかなりの面倒さはその時、出る。ダメな理由は、その場に相応しくないから、だ。その場を支配する主観にとって嫌いなだけ、それは独裁では。

    やかましい、で切れる時、それはスッキリする。

    「そう言う要素を肯定する」それは、その場の安定には大事な話なのだけど。


    「デッドバイデイライト」これは、大賀さんへの反逆者を処刑する為に創られたのか?だ。

    ともかくアメリカの最上位に対して、抵抗する存在を殺す、”そこ”に最終的には目的があってつまり、「日本に原爆を落とした」システムな訳で。
    ”ここ”の把握で、最上位を「大賀さん」にして、それへの敵を排除する、事で「神に逆らう奴は容赦しない」と言う意思表示には成る、が。

    もちろん「相対性理論」そこには、その神の存在に対して記述は無い訳だ。

    ちょっとでも目を離すと?”それ”は制御を外れての独善を始めかねない。
    それによる問題は、或いはその「曼珠沙華」その原因だったりするのかもしれず。

    …しかし、「見ている間は問題は無い」のだ。

    イメージとして「牢屋に入っている間の犯罪者は安心出来る」そう言うニュアンスは、ここに有る。
    見えない領域を想像する時、”この”システムは自身をその特別にする為に、あえて「曼珠沙華」それを作らせた、可能性だってある。

    と言う事を考える時、このシステムが現状、経営的に問題を起こしている?それは、やっぱり「神には見えている」と言う事には成るまいか。

    「大賀さんに従う」のなら、”その結果”にも、このシステムは従わねばならず。

    「売れない」利益が出ない、それは、大いなる問題ではある。

    換金は、”そこ”に発生する価値に対して行われるのだ。

    売れなかったらそれまでです。

    それは、「曼珠沙華」にも、「美鶴さんの長い妄想」にも、言える話。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。