借金とプライドの天秤
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

借金とプライドの天秤

2019-11-05 11:21

    今の立場的に?自分にはやる事は無い。

    「ストリードさえ張って有れば誰が書こうとそれは王の権威のオーダーとして認めるし責任も持つ」
    「ただし、それを現場が買うか否か、どう創るか?そして結果の責任は”現場に”依存する」

    その時、そう創られた企画や作品に対し、自分は何も干渉する事は無い。

    「羹に懲りてなますを吹く」状態なのだろうか。
    微妙に、”その”事態にはまだ、成らない。

    今まで、何かの強制力を持ってたパワーは、発言権を失った状態はあり。
    とは言え、”それ”の原因になったパワーは、このシステムに同意が有る訳じゃない。

    「自分で創った企画を自分で造ったらなんでダメなんだ」

    そのシンプルな、そしてシンプルにダメな疑問は、改めてシンプルにそこに有る。


    特に、テレビが、仕事をしてくれないと困る、訳だが。
    しかし、かなりの極論を言うなら、ビートたけし氏を前に「低能は黙っててくれる?」を言って通す難しさ、と言うか。

    どうしてもやり玉に上がってしまうが、既存の方法論での成功者ではあり、そこにしがみつく様な、それはそこに、そう言うイメージとして有って。
    そしてそれが今の時代、「何の利益も齎さない」のも、結果として平成の間中、証明し続けてきたのだけど。
    彼らは、”それ”が自身の仕事である、そう言う断言と共に固執していて。
    それは世代の病の様に、何処に行ってもその壁は、重いしこりとして有る。

    それを続けても、利益は出ないのだ。
    それでも”それ”を続ける事に、彼らは固執する。

    結果として、その場に100億円とかの負債が発生し。”神”はそれに対して交渉する。
    「これを出してくれればその負債はチャラにしよう」相手は拒絶し、結果、台風19号になったりする。

    …それは、”ここ”の考え方だ。

    彼らは、そんな「無理難題を言うパワー」に対して今も、戦争を続けているのだ。

    お前らなんかもう要らないだろ。

    それは、重い否定と共に、悪の様として有る。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。