老いた世界の古い椅子
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

老いた世界の古い椅子

2019-11-22 10:58

    個人的な思惑、だ。

    「なんで”昭和天皇の椅子”は、アメリカに移動しちゃったのか?」

    昭和の頃は良かった、その頃は”アメリカ様”だった。だから。
    その、グラディウスの人?が、誰を「昭和天皇の椅子に座ってた人の後継者」にしてるのか、したかったか、それは定かでは無いが…或いは存在する事は、間違いない。

    多分。

    だから、この先「誰?」は、かなり曖昧なままだ。今、「ナンバーズ」その中で、上位4つまでが既に鬼籍になった状態でも、”次は何となく決まってる”状態なので、割と”理解だけは”安定してる。会社その物が亡くなっている?状態(ナムコとかタイトーとか、エニックスとか)は、状況としては除外されてしまうので、ちょっとゲーム関係は特に、混乱はある。

    個人的には。

    「エース」
     ジャニー喜多川氏の代わりに、木村拓哉氏。
     ※NHKに覚えめでたい範囲として、ストレスの無い方向で。
    「セカンド」
     そこに、手塚治虫氏の代わりに、富野監督。
     ※昔、手塚プロダクションに居た人なので。
    「サード」
     水木しげる氏の代わりに、久米田康治氏。
     ※平成に入って、ほぼ”自力で認められた”感のある人。
    「フォース」
     石ノ森章太郎氏の代わりに、青山剛昌氏。
     ※ヒーロー物としては、最有力では。
    「シックス」
     ガンダムの場所に、「鉄血のオルフェンズ」その監督?
     ※平成に入って安定した、ほぼ唯一の”ガンダム”ではあり。

    ここから、微妙に問題を感じる。

    「イレブン」
     ナムコ系の代わりに、レベル5。
     ※割と人気と存在感。
    「トゥエルブ」
     タイトー系の代わりに、ビームマン氏。
     ※割と人気と存在感。MMDは、あげちうの「ASP」に”被せた”ツールなので、ちょっと先生役としては…懸念がある。とは言えMMD作品は、今の”この”領域の、文化的基幹でさえある状況で、その中で、ビームマン氏の存在は重要、だろう。

    とか入れている、が。

    果たしてこれで安定するか?は、ちょっと、謎である。


    ちょっと、バタバタしている。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。