古い失策か時代の壁とエロ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

古い失策か時代の壁とエロ

2019-11-23 09:45

    同意の得られる感覚だろうか。

    「117」は、どうすれば良かったのだろう?
    それは、悪漢に扮したプレイヤーが、女性を襲って押し倒しレイプ、最後は結婚まで持ち込むゲーム、で有る。

    ゲームに関しての評は思いの外高く、それだけに、何かが残ってしまったのかも。

    そんな、奇妙な衝動?の様なモノとして、補正を試みるゲームのデザイン。
    「ダークネス・ロウ」

    要するに既に「事実上夫婦関係にある二人」の、女性の方がおかしくなった”それ”をエロい事して治す、的なスタンスではある。
    ”これ”が昭和天皇のオーダーだった可能性を考えると、当時は「物語」しか、評価基準に無かった。「と言う悪夢だったのさ」でオチになる、べきを、パソコンゲームは「今のプレイは現実です」にしてしまう為、そこに否定が発生してた、訳だが。オーダーからの帰結を当てていくと、この辺だろうか。様々なアプローチの中で、”ここ”に繋がっていくのは微妙に少ない?気はする。

    …と言う感覚に成る時?ふと、エロいイメージの殆どが、実際には”そこ”に繋がっていた…様な感覚がある、気がする。

    試作

    ストリード
    タイトル「奴隷姉妹」仮
    プロデューサーシートに「エロックス」で。
     概略 エロゲー?
    ディレクターノート

    美人姉妹二人が、悪漢らに浚われてしまい、凌辱の限りを受け、彼らの性奴隷に成ってしまう。

    end

    悪漢は”すべて”プレイヤー一人の分身であり、或いは襲う女性にしろ、妻か、その分身…ではある。単に、夫婦間の”それ”を創作して開示してるに過ぎないのだ、どれだけハードな描写で有ろうと、エロ作品とはそう言う物である、と言う理解は。

    …この分野に、何かのブレイクスルーを産むのだろうか?


    「魂斗羅」
    それは、この辺の混沌に対して、かなり上手く補正しえた作品、らしいが。
    昭和天皇が亡くなった結果か、「理由」を失って、それは色あせた、そう言うのはある。

    今は、どうなったか。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。