可能性への否定と邪
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

可能性への否定と邪

2020-01-19 14:17

    有り得る話なのだ。

    そして、或いは現実かもしれない。

    「実は庵野秀明氏が関わってますから」あのエヴァンゲリオンの、です。

    これで、その企画に10億円単位のお金が出ても、何ら不思議は無い訳で。
    ”それ”を或いは、複数の金融機関に行えば、或いは100億円位の規模は、引き出せてしまう。

    かもしれない。

    問題はその後、ヒットしました!となれば良いのだが、「成らない」のだ。

    何故か?と言う時、分岐はある。
    単に失敗しただけか、それとも意図的なモノか。

    前者になる理由、それは、目的に因る。
    「不正で喘いでる仲間に対して糧を供給する」的な事を目的にしたら、その「不正」をしかし、作品は糾弾できなくなる。むしろ擁護する様な。

    と言う内容を、一般の視聴者はもちろん、受け付けない。
    それをどうにかする為、或いは異様なコストを費やし「ヒットした!」と言う話題を創るのだが、それは損害を埋める程にならない、むしろ逆効果。

    結果、数十億単位の損害だけが、何故か残る。


    後者は一面としては単純に、「不満偏向砲」意図的にヘイトを集めて、”それ”を自身の敵に向ける事で相手を倒そうとする、ちょっと問題のある「攻撃」として、だ。仲間の一人が社会的な評価を一時的に失ったとしても、その敵を倒せれば問題ない。戦争をしてるつもりになれば、方法論としては存在する。貴方の犠牲は決して無駄では無い。


    金を貸す側としては、「ちょっと待ってください」それに対して金は出せません、が。しかし、結果が出るまで解らないし、その時の相手のそれは、何というか…「勘弁してほしい必死さ」で襲ってくる、訳で。嫌がらせにさえ通じる様な頼み方をしてくる時、それを否定するのに「儲かりそうもないでしょう?」は、あまりに理由が弱い。

    「やってみなければ!わからないでしょう?!」

    声は大きい。

    テレビと言うのも、この時、面倒なメディアではある。放送しただけでは儲からないのだ。そして?関連商品が売れた、かどうかはCMが理由か否かも謎なのだ。NHKに至っては、何が理由で受信料収益が増えた?と言うのは、ほぼ解らない。視聴率の低い番組も存在する時、視聴率、それは理由にならない。

    ただ、スポンサーから貰った金を消費した、だけであって。

    だから、この不正?は、方法論として存在しちゃう訳だ。テレビ局なんかもっと大きな単位を、ただ消費し続けている、それで良い場合はある。自分らが罰せられるなら?彼らもまた罰せられねばならないのでは。

    それに対して、一億一日と言うお勤めは、意味を持つか否か。
    損害額が100億円、1000億円、その場合はどうなのか。

    まだ、残っている?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。