古に残った牢の中で
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

古に残った牢の中で

2020-04-06 12:16

    毎度のオーダーっぽい何か。
    しかし毎度、微妙さはもちろんある(-_-;)。


    「幽遊白書アナザーストーリーズ ~地獄の三邪鬼来る!~」

    主人公らは巻き込まれて面倒に関わる、連中の目的は何か?ともかく偶然見つけた弱点を突く事で撃破し突破。

    テーマ
    表「プレイヤーを助ける」否定肯定
     封印されていた三鬼が復活した、それを何とか倒せ。
    裏「正義は勝つ」肯定否定

    天邪鬼 天変地異を操り人々に害を及ぼす悪魔
    魔道鬼 疫病を蔓延らせ人々を苦しめる悪魔
    龍王鬼 人心を操り戦乱を招き世界を疲弊させる悪魔

    天変地異を起こし、疫病を流行らせ、人々を操り戦乱を招いたとされる地獄の三鬼が居て、平安時代辺りは”それ”で何度か世界を滅ぼしかけた彼らだったが、地獄の他の鬼らや或いは現世の修行者らによって、当時は何とか制圧し封印には成功した。しかし長く封印されていたそれはでも、逃げ出したとぐろ兄の怨念のパワーによってか、地獄の牢獄から解放されてしまった。地獄も騒乱に陥り、魔物も現世に溢れ始め、主人公らも当然の様に狙われる中、地獄から現世の主人公らへ、支援の要請。彼らは再び地獄へ挑む。

    という感じで、まずは現世に開きそうになってる穴を塞がねばならず。その為にはでも、今は半分失ったパワーを復活する必要があり、再びの修行をしつつ、集まる彼ら。やがてその主犯があの、逃げ出したとぐろ兄である事が解る。彼らは魔界へと入っていくが、そこはすっかり魔物が跳梁跋扈する混沌とした世界と化していた。何とか魔物らを倒しつつ、それぞれの鬼の居城を目指す一行。しかし、その城に居るのは彼らの眷属であり本体では無かった。彼らは実際は密かなる魔神殿にて魔神としての完全復活、その儀式を行おうとしていたのだ。それに気づいて主人公らはその魔神殿を見つけ、潜入するも、時すでに遅く、それは現世に大穴を開けてしまい、魔神殿が現世に現出する。しかし閻魔大王のパワーにより封印はまだ効いている状態、それが尽きるまでに、彼らは何とか三邪鬼を倒さねばならなくなる。それまでに助けるなりしてた地獄の鬼らの強力も有り、三邪鬼は倒す事に成功するがしかし、あのとぐろ兄は、彼らを利用していたに過ぎなかった、復活の為に用意された本来の、彼らの”魔王”としての体を、しかし一つに融合させた魔神に憑りついたそれは、魔神殿をも破壊し、現世を支配せんと暴れ始める。万策尽きて、封印も解かれるが、主人公らは最後の戦いを決意し前に出る。しかし、”その時点で”何故か、とぐろ兄は息絶えてしまい、騒乱は収まる。封印が解かれた瞬間に現世に触れたとぐろ兄は、”それ”で死んでしまった、らしい。執着が尽きたのか、とぐろ兄の変質の結果か、それは解らなかった。

    三邪鬼の騒乱は、そうして終わった。

    死んでしまった理由は、現世と言うのがそう言うモノだから、というか。とぐろ兄が死なずに変質を続ける結果、魔界を支配し得るパワーを手に入れたはいいが、強すぎる力は逆に反発を産む訳で、それは現世に取っては即殲滅に成っていた結果、触れた瞬間に破壊されてしまった、と言うか。あの「宇宙戦争」のウイルスみたいな。

    ゲームシステムは、いわゆるFE型のSRPG、攻撃によってそのカットインが入る方向。



    いやー・・・もう、知ってる人の方が少なくない?的な事も考える。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。