夢見た先が夢であるという現実
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夢見た先が夢であるという現実

2020-04-14 06:35

    それは、アートの完全否定、ではある。

    利益性の面から、だ。物理的な話として。

    独裁創作は、芸術は利益に成らない。

    「そこを何とかしろと言ってるんだ」

    その果てに、略奪或いは生贄、もしくは戦争があって。

    そして今、その果てに、新型コロナウイルスの猛威が有る。


    悦楽の瞬間は、ある。

    「ここで歌っても良い?」その歌手は、ふらっと立ち寄った居酒屋で、店主に声を掛ける。「良いよ?」店主は応じて、歌手はその場で歌い始める。歌声はそこに響き渡り、そしてそれは結果として、歴史的な一夜となった。

    的な。

    現状の結果で言うと、”これ”はお金には成らない。
    最初から最後まで、「良いよ?」その果てにある、一つの悦楽ではある。
    何もかも許される先にある、人々が求めた、その絵、その未来。

    技術も、志も、熱意も、或いは経験も、それには必要だったろうか。

    「目指しているのはこれなんだ」

    そう、実感する”その絵”は、でも、現実には成らない。


    ある意味で”良い言い方”をすれば、「換金できる限度を超えているから」だ。
    換金出来ないモノは、換金しない。単純な、或いはシステム的な返答。
    悪い言い方?をすれば、独裁者の誕生は阻止せねばならない。
    迂闊に換金したら、貧困層からも、生活を破綻させる程に吸い上げてしまう。
    或いは今アメリカで起きている、ひよこの買い占め騒動の様な。

    理想か?

    制約の無い”同意”の果てに、或いは奈落はあり、それを抑止する為にか、今の現実はある。

    「これで良い」のだけど。

    何処か感じる不足感は、換金性に拘る時にある、何かの失望かもしれない。

    ”それ”を目指す結果、或いは”これ”を潰してしまう、もっと先へ。

    それは無いのだ。

    納得しないその部分こそが、今の邪悪だろうか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。