古い正義とcovid19
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

古い正義とcovid19

2020-05-25 06:13

    それを時代の変化と言うべきか。

    covid19が、想定する「強奪連鎖の肯定を検知すると重症化する」と言う特殊なウイルスである場合、これへのワクチン、そう言うのが無いのなら人間は今後、「売春婦を買いに行くと死ぬ可能性がある」それを前提にして生活せねばならない、訳だ。

    以前は、売春は利益だけを見るなら立派な?職業だった。
    今は、或いは人を殺すかも、殺されるかもしれない、そんな行為だ。

    これを「時代の変化」と言って良いやら悪いやら、ではある。以前の方法論は、殆ど使えなくなった訳だ、それはほぼ全て、侵略か”それ”に耐えるかの感覚に過ぎなかった。「利益殆ど無いけど楽しいから良いじゃん」とか言う奴が、それを要求する側から実は掠め取ってる現実を、社会も黙認してた訳だが。強奪連鎖、それは社会システムレベルで根深く、或いは世界レベルで組み込まれていて、犠牲は半ば公然の秘密として存在し続けた、訳だが。

    今の状況で、その肯定はつまり「不景気になっても良い事が有ります、美人さんが風俗に降りてくるんです、楽しみですね」への社会の反応に立ち向かわねばならないと言うリスクと共に有る。分の悪い戦いだ、それは避けた方が、利益としては。しかし。

    時代の変化だ、そう言うべきか否か。

    エロビデオも、脚本?はともかく撮影現場は監督から大道具その他”全て”女性で構成して撮影するべきだし、エロ漫画にしろ、安直な不道徳は、割とご法度に近い状況ではある。他人を侵略せず、もちろん侵略されず、どうやってその場で利益を出すか?と言う知恵を求められる時、そんな物が今まで有ったか?と言うのは重い問いではあり。

    とは言え、この事実その物は、10年以上前から既に解っていた事だ。
    特に創作が利益性を求める時、強奪連鎖の肯定は厳に慎まねばならなかったが。
    ”大衆”は把握し、提示もしていた。世間がそれを選択しなかっただけ。
    社会が”それ”を肯定してるのに、自分がやって何故悪い?も正論としては有り。

    正義か否か?で言えば、今の破局的事態は、因果の結果ではある。

    時代の変化に対応出来なければ死ぬだけだ、それは昔から語られた話。

    麻雀で、「賭け麻雀は禁止です」その後の、色あせた感じの是非かもしれない。

    志村けんは”それ”を前にして、何処かへ行ってしまった。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。