ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

夢の終わりと悪夢の続き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夢の終わりと悪夢の続き

2020-07-24 12:49

    そこに有る壁、だ。

    「新世紀エヴァンゲリオン」は今も、多くの混沌を残しては居る。

    不思議でさえある、当時の自分も、実際にはかなり熱狂的でさえあるファンだったのだ。今は無き「レーザーディスク」も、実際はかなり買ったと言う経緯があり…しかし。それは何かの逸脱を始め、自分もそれで、かなり冷ややかに成ってしまった。

    映画版のそれでエヴァンゲリオンは終わったのだ、時々語られる、重い正論ではある。

    今もってなお、”ここ”の下敷きに自分の「黄昏の狩人」が敷かれていた、自身は勝手に人柱にされていたのだ、そう言う事には、ある種の疑念さえある。

    それはもちろん、現場で関わった人々にしろ、同じ意識は有る筈で、だから。
    何かの重要さと共に、どうにも、スッキリしない何かは残っている。


    そう。

    現状の「エヴァンゲリオン謎解き」を考えた人間からすると、夢オチからのリスタートじゃない?と言う、気はするが。

    そうなると、”それ”を使うと言うなら、「所有権と言うかの問題が出てくる」のだ。
    しかし、そもそもこれは、「黄昏の狩人」を土台にしての成功ではあり、”ここ”の存在は土台として重要ではあって。
    …これは”ここ”の認識と把握だ。現場もそこに依存してる全ても、それは認めてないが。

    「黄昏の狩人」の存在と、「エヴァンゲリオン謎解き」を書けたって意味では、今は”ここ”がエヴァンゲリオンの作者、という感覚は、うっすら間違いでも無い訳で。

    庵野氏らは、”ここ”が要求していた”それ”を描いただけ、と言うのは把握としては、”ここ”は安定する。


    ただ、それまでの人々にはかなり安定しない物言いではあり。

    「これは我々のモノだ」我々がその富を独占して何が悪い、と言うのはそこに有る、大きな邪としてあり、しかし、同時に凶悪な壁を創ってる、と言うのもある。面倒なのはそれでいて、責任への要求その物は微妙に”こっち”に来てる事だ。創作の意味やら理由やら、それへの疑問は本来の(土台の)作者に流れてきていて、”これ”を切ると或いは、エヴァンゲリオンの現場?はそれを維持出来ない、それは「ヱヴァンゲリヲン」の現状としてあり。結果、そこには大いなる混沌が有る。

    誰が作者なんです?

    喪失への否定と、現実と、結果と、発生してしまった悲痛と。増尾昭一氏が亡くなった後も、この混沌は今も、曖昧に都合のいい事を目指している訳だが。

    「彼らは、”ここ”が期待するモノを造っているのだ」

    と言う時、では自分は今の「ヱヴァンゲリヲン」を認めているのか?と言うと、それは無い。現場は、自身らがこの場の所有者である!と言う事を主張し続けているだけだが、それは市場的には、或いは否定されている。増尾昭一氏の、死んでも残る断言の様なモノかもしれない、”それ”を持ち続ける時、彼らは概念的には、利益性に対して逆走する。

    下層なる持たざる者が、都合のいい事を考えていて。
    特権を持った支配者が、それに対し非道だと責めている。

    そんな終わり方で良いのか。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。