歴史と共にある過失の山
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

歴史と共にある過失の山

2020-08-10 07:21

    悲しい現実はある。

    「新世紀エヴァンゲリオン」をフラグシップにしている限りは、”ここ”は存在しないし表に出す必要は無いし、「むしろ居ない方が良い」のだ。

    少し安定した現状で、自分らが”それ”を人柱にしていた、と言う過失がある事を、良くも悪くもすっかり忘れて?いて。

    ”その”話、自身の特権によりとんでもない過失をしてしまった、と言うのはその一端でしかない。

    そしてだからか、”その前”に、その腹立たしい存在、それは現れ続ける。
    ”それ”を排除する!事を優先する結果、逆に「自分が排除されそうになる」訳だ。
    現れる結果は、愚者と言って良い有様かも。何が悪かったか、それは今に成ると。

    ともかく今も、”ここ”は人柱、という境遇は続いている。


    お金持ち?と言う階層にも、奇妙さはある。

    ともかく今までの”それ”には、何か何処か過剰と欠落を有する、そう言うニュアンスはある。
    ごり押しが可能で必要だった部分と、それ故に不足?欠落してしまった部分だ。
    ともかく平成は、「王の権威」が居なくなった結果、彼らの衝突が時代を創った、のだが。そこにルールが無いと言うか、主観同士の衝突でしかない時、ガンダムの静止も上手く行かず、騒乱に包まれた訳だけど。

    ともかく”そこ”に発生した脅威、それを排除しようとするなら、自身のその「特異な部分」は実は、否定せねばならない事には、成る。
    「実際にはかなり気まずい現実は後ろに有るけど、それをおくびにも出さない」厚顔無恥さ、というのは交渉その他では重要な要素だ。
    ”それ”に反応する様に、相手も対抗の様に、「同じ事」をしてくる、それにより中和された後に残るのは、侵略側と防衛側、だ、この時。

    例え「先人の敵討ち」的な正論が、「娼婦を強姦致死した」と言う過失を責めているにしても、だ。

    その前者はその時、「誰かを人柱にしている」その過失を実は隠しているのだ。

    何故か、この時この衝突は、正義を唱える正論が何か敗走する、そんな結果に成る。

    正義は勝つ、のだが。

    正義の果てにあるのが、何かの魔王である、それもまた、現実かもしれない。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。