ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

それは幻夢か新世界か
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それは幻夢か新世界か

2020-09-13 15:24

    以前に、実は?「PS5草案」を検討した事が有る。

    「オーダーを受信しました」その結果の話、だが。
    残念と言うか、この企画はお流れに成った?感じはある。


    まず、 6万円前後のPS5プロが有る。
    そして、3万円前後のPS5ノーマルが有る。

    前者と後者に、ゲームをプレイする上での差は殆ど無い。前者はダウンロードして遊ぶが、後者は「クラウドゲーム」として遊ぶ形式に成ってる。後者はもちろん高速なネット回線が必要で、月額課金も必要だが、ゲームを遊ぶ上ではインストールの必要もなく快適、と言うのが売りだ。ただ?クラウドのデータセンター側に「窓口の空き」が無いなら、その時は遊ぶ事は出来ない、と言う或いは致命的なデメリットを持つ。もちろん、回線状況によってはチラつきなども発生する、可能性は多々ある。

    前者は?と言うと、月額課金してしまえば条件は同じだが、ソフトはダウンロードする事が出来、本体のみでプレイする事が可能である。結果、クラウド側に空きが無くても遊べるし、或いは画質その他も”多少”有利、と言うのが利点だ、回線状態に影響は受けない。ダウンロードに数時間、という切なさは有るが、ビジーで入れない?と言うそれは無い、そこは利点。

    オーダーが求めた条件は十分満たした、とは思うのだが。もちろん想定当時から懸念は有った、まず設備費が膨大である。そしてインターネットのクラウド環境を最大効率でダイレクトに接続し得る権限?関係が必要だ。SONYなら大丈夫じゃない?と言う気もしていたが、とは言え、アメリカのGAFAに比べたら小売店の一つかもしれない訳で。

    その辺が、この設置を許容するのか?と言うのも、疑問のある話ではあり。

    と言う感じで、PS5の具体案が出てくると、やっぱりまあ”これ”では無い、と言うのは解ってまあ、「ですよね」程度にはオチに成る訳だけども。別の話として、MS社が、クラウドゲームを始める、新型XBOXに廉価版が出る?と言う話があり、そこで少し違う話を考えたりはする。

    ”これ”をMS社が、Windows10を舞台にしてやったら、どうなるのか?

    高額ハードも、低額ハードも、動くアプリは同じモノとして考えて良い時、市場はPCを含んで不意に拡大する可能性がある。PCとして購入する時、その他の利用法も増加する、関連企業その他にとってもメリットは大きく、普及に関して何のデメリットも無い。ネットの重要性は増し、高級ハードも低級ハードも需要が喚起され、アプリケーションは最新技術の”それ”を常に直ぐに遊べて、今までのインストールから環境整備、という煩わしさから一気に解放される時、異次元のゲーム環境は具現化し得る、が。

    …ある一面で、他を購入する選択肢が、これで消える事に成らないか。

    androidは?
    Iphoneは?

    企画原理としては、”それ”は考えてない時。ともかくMS社の寡占状態、というそれは、何かの悪夢と否定、それを産むのかもしれない。Windows関係が花盛りに成る時、その他はその他以上の存在では無くなる、なら。それは理想と言う訳でも無いのでは。

    MS社は、「.Net」と言う、ハードを選ばない環境も提案はしている、それをその他の環境が採用すれば?HTMLの様に、どの環境でも”これ”が遊べる、と言うのはある。しかし、要するにMS社に寡占される、それは変わらない。

    ともかく、「その他」が吹っ飛ぶ何かである、可能性は無い、とも言えない想定だ。
    それを恐れて、というか、だから、これは否定された、それは理由としては有り得る。

    ただ、疑問もある。
    無理じゃないのだ。

    神の選択として、正しいのは何だったろう?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。