とある視線とその結末
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とある視線とその結末

2020-09-30 10:57

    とあるサービスが有る。

    そのスーパーでは、「今日の夕食」と言うコーナーが人気だった。その夜の献立を、レシピと共に食材その他をひとまとめにして提案する、と言う形式が値段と共に主婦層に好評で、柱の一つにさえ成っていた、が。結果論か、時代で「ネットスーパー」業務も取り入れる時、”これ”を注文する客が増えた。それを見ていた誰かが考えた。

    もう提案と配達、”これだけ”で事業出来るんじゃね?

    実は懸念がある、まずパクリ?っぽくもあり、さらに言えばこの時点では「この発案者の独裁創作」に過ぎないのだ。売れるか?と言う時、その発案者は「認められた」存在だろうか?もし違うなら、そこには重い懸念が発生する。

    「こんなに良いサービスがなんで?!」

    だから、だろうか。


    ちょっと、「反逆者」の懸念が不意にあって、どうも考えてしまう。PS5のそれは果たして、「目標値は30だからそこまではいらない」と言う事か、それとも?だ。「馬鹿」と言う逸話は、皇帝を前に馬を鹿と教えた存在に対して言われたのが最初、と言うが。ともかくその後、皇帝はその存在を「認めなくなった」のだろう、彼は信用を失った、そう言う存在を「馬鹿」と言う訳だが。



    現状での「皇帝」それは、つまり「大衆」大賀さんの決定、ではあり。

    ”ぞれ”に対して反逆する、「それは間違っている」その存在がつまり、「馬鹿」な訳だ。

    「馬鹿とはどういう存在を言うのか?」それは一つ、定義されたかもしれないが。

    その時その、「反逆者」は、何処まで馬鹿で有り続けるのか。

    「新聞記者」は、「自殺しなさい」
    「漫画家」は、「破産しなさい」
    「宗教家」は、「教祖を辞めなさい」

    従わない場合、反逆者として対処します。
    「大賀さん」その決定として。

    なら、彼らはもう”死ぬまで”だ、反逆者の汚名を削ぐ事は出来ない、「認めない」訳だ。それでいて現行の法律では「彼らを直接は罰する事が出来ない」時、彼らは贖罪も出来ず、如何なるハイクオリティを用いようと失敗を続ける事に成る訳で。


    …妥当、だろうか。そこにもう、成功は無い。


    ”そこ”に、理由はある。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。