尊大なる失敗の分析
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

尊大なる失敗の分析

2020-10-22 12:56

    それは個人的な主観だ。

    「ユダヤ教の王」が居なくなった、感じはあり。その結果、”その”領域は「大賀さん」の影響をより強く受ける事になる、状態で。それはつまり、積年の問題、「王の権威を否定する」そのパワーが基本的には消えた?事を意味する筈、だが。そこに付随して発生してた加害の多くは、過失を免罪される?感覚が有り、状況は変化していく様な期待感もあるのだが。

    ”それまで”に残った否定の痕跡は今も、何かの意思を見せては居る訳で。


    Windows8.1には、使っている内に感じる問題は確かに有った。

    「他のツール必要無いんじゃない?」

    当時の状況では、大事なニュース等などの情報収集ツールが際立って出来が良い感じで、”それ”を使ってる限り、他をインストールする理由が無くなる…位のレスポンスは有り…そこは確かに、不意に不安になる一点ではあったのだけど。

    他に必要なのは、ゲーム位だ?

    それはWindowsなのか。

    現在、その「問題になる部分」はほぼ全てがクオリティを落としており、そもそもwindowsは10へ移行、現在に続く訳だが。この対応には問題は感じる、発覚?してからの抑止があまりにも突然で、ストレスや衝撃が大きかった、が。

    ただ、当時の風潮ではある、「王の権威を超える!」それが、全てに対する至上命題として存在しており…そこに自身さえ同意する部分は有った、訳だがしかし。結果的にはそれは「その先の問題」を発生させ、windows8.1は、終息と言う事には成ってしまった。本来のwindows8.1は、そのオーダーはもう少しシンプルな、如何にもな、言い方はアレだが「つまりマッキントッシュOSの、ビジネスライク劣化コピー」なWindowsだった、訳だが。現場のそれは一種のハイセンスを目指す結果、良くも悪くも、問題は起きた。

    ”ここ”に入る必要は無い、のだ。

    それ以上の仕事を奪う必要は、無い。


    主観の問題ではある。

    「ちょっと足りない」位で、実際はちょうどいいのだ。

    不安になるのは、PS5はその、「かなり対抗としてとんがった」頃のデザインであって、そう言う部分を残してないのか?と言う事かもしれない。ガンダムは、紛争解決機構は既にある、”それ”に成る必要は無いし?それが出来ない事を出来る様にする、必要もほぼ、無い。それを目指すつもりは無かったが、当時のオーダーにはそこを目指す意識もあり、それはどういう意味として今、残るデザインとして有るのか。

    そこに有る失望は、何かへの必要な、等価なマイナスと言うべきか。

    ”これ”では出来ないのだ。

    ただ、その要求は無いのだ。

    今は。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。