現場に居ない実感と古のそれ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

現場に居ない実感と古のそれ

2021-01-17 08:50

    自然と立場は変わってしまう。

    今はもう、自分は「現場に居ない」のだ。

    昔は真剣にやれたゲームが今は出来ない、その多くの理由が、その立場や環境の変化、ではあって。現場としては、与えられた仕事、それを問題なくこなす、どんな内容で有ろうと!それは大事な話、結果的に、「ゲームの内容は問わない」出来るか出来ないか?だ、と言う事には成る、が。

    「それを要求する側」が、それで良いのか?と言うのは…深刻な問題には成る。

    昔は、「自分に出来ない事を現場に要求するな」と言うのは結構、正論として抱えていた気はする、が。現状は、「自分は出来るからって現場に要求するな」”それ”は深刻な制約には成りつつある。

    「私は王の権威だった」と言うなら尚更、だ。

    それは本人にしか出来ないのだ、そう言う事はある、現場はそれを求められても困る。

    「中学生でもこの位は作れるのにお前ら」それは、言ってはいけない言葉だった訳で。もちろん自分も、当時は、そう言う感覚だったのだけど。普通は、そこまで行く?のにも、かなりのコストが掛かるのだ、それを最初から持っていた?と言うのはもう、例外でしかない。

    流石に能力的に、「普通」に成ってきた現状ではある、或いは「並み以下」だ。

    とは言えこの状況なら”現場”に無理は要求し得ない…そう言うのも、ある。

    「現場に出来る事を要求しろ」

    と言うのが、最近だろうか?その感覚には成りつつはあり。

    「ゾンビU」このゲームの切なさは、そのまま「有ってはならない上司と状況」その絵ではあり、”それ”を肯定する様なその内容は、どうにも受け付けなかった、と言うのは有る。一人死んだら死んだまま、である。今の感覚でゲームに要求するのは「成功例の蓄積」だが、その成功例として有るのが「数十人を犠牲にしましたが何とか達成しました」そんな結果?と言うのは流石に今はもう、看過し得ない。しかし。

    ”現場”が見えてない、感覚はあるまま、実は、現場以下の状況ではある。

    当時、自分が選ぶ立場だったら、奇妙に「ブルーガンダム」それに対して高い評価をしてしまう、それはある。構造の単純さ、結果の構築度と安定感。可変機としては剛性と可変速度、その両立を満たしていると言うめったにない特殊さが重い。「多分これが一番速いと思います」が、そのまま置かれている様な、見た目の華の無さと、その評価には重い理不尽さはある。疑問と現状は果たして、改善へ通じる道か否か、そこはまだ不透明だ。

    ともかく当時、”これ”に対して否定的だった空気、それは間違いでも無い。

    「勝てれば良い」時、これで勝てただろうか。

    それは重い疑問としてはある。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。