ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

女性の様な何かと女性との異相について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

女性の様な何かと女性との異相について

2021-03-02 09:31

    感覚は歪んでいる、と言う表現には成る。

    ただ、女性にとっては良くある意識の奈落、なのだろうか。

    とある男性、一人暮らし?で、炊事洗濯その他、一人で適用に熟している。特に女性関係に奔放と言う訳でもないが、特に付き合っている女性、と言うのも居ないらしい。能力も高く、PCも勿論使えるが、最近か導入したPCの性能が良いという話、「これさえ有れば他は何もいらない」、彼にとっては可愛らしく最善なサポーターだ、と言う。

    この時、彼に女性は必要なのだろうか。

    微妙な感覚ではある、「売春婦を否定する」女性をそう言う対象として見ない、時。性的な邪の消去を、全てPCかに求めると?そのPCが彼の妻で有るかの様な絵は、そこに有る。男性の感覚?では、この光景は歪んでいるし一時の暫定的な、とは解っているが、一部の女性にはそうは思えない?という、視点のズレは発生する感じはする。

    感情論では笑い話だが、ふと現実を見ると、そこには奇妙な危機感が。

    最近か、時々感じる話、だ。女性だから?ともかく「自分の理解と現実がズレている」まま、ズレた方から外に出ない、という感覚がある、気はする。その原理の一つとして、「こういうイメージ」があったりする、訳だが。

    その辺が全部、ブルーガンダムから始まっているのか?と言うのは、少し謎だ。

    主観が客観か?と言うのは謎だが、昔のアイドル、とはこういうイメージではあり。

    この時、「女性はこうで無ければ成らない」時、それはほぼ不可能な要求な訳だが、それでも、それ以外では居場所が無い時?それは何かの恐慌へと陥るのだろうか。

    とは言え、実在感もあり、居ないとも言えない、そう言う雰囲気も有り。

    一応主観では「と言う位に出来の良い人形」的な把握は、その場ではそうは理解されないのか。

    「ユダヤ教の王」それの残したか、重大な歪みの一つ、である気はする。
    人間と機械の境目が無い。そしてそこには、重い断言がある。

    価値が高い物=好ましい、という評価を、金本位制は否定する場合がある。特に「リストラ」は価値の無い行為だが必要だから、だ。戦争もまた、「上限のある世界」では必要な行為である。養える人間の数には上限がある、それ以上は要らない、そう言う理解の中で、「高い価値」は”それ”を否定する。産めよ増やせよ地に満ちよ、神の願いにこそ未来はある。

    それは要らないのだ、世界を護る為には。

    何時から始まっていた歪み、だろうか。昭和の頃には、「カルト」それは、問題に成っていた気はする。

    アインシュタインも、女性関係については、あまり好ましい状態では無かった、らしい。

    機械化の果てに、女性の必要性それが歪んでいく…そんな悪夢を前に、打開は。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。