• 『食戟のソーマ』の連載終了に寄せて

    2019-06-17 21:19

    せっかくいい感じに長文が書ける環境があるので書いておこうと思う。



    『食戟のソーマ』という漫画が好きだった。

    過去形なのはもう既に漫画としては追っていなくて、めでたくももの悲しいアニメ版第4期の発表に「これを見たら僕の中で『食戟のソーマ』という作品は終わってしまうのだろうな」と思うレベルの人間だからだ。

    だから本来こういう文章を書くには値しないのかもしれない。

    でも、連載終了と聞いたら筆を執りたいなと思うぐらいには好きだったのだろう。
    だから書く。


    僕にとって『食戟のソーマ』の魅力は「遠月茶寮料理學園」という場にあったと思う。

    そこは「料理で何かを成し遂げられれば何をしてもいい」という場だった。その反面、完全実力主義の名の下に落ちこぼれは容赦なく切り捨てられる。

    僕が入学するとしたらこんなところ真っ平御免なのだが、料理の実力次第で何とでもできるという世界観は、要するにコロコロコミックのそれだった
    ビーダマンやらミニ四駆やらで世界を賭けるというような、今考えると噴飯ものの非現実的な物語をかつて楽しんでいた人間にとっては、どうにも心躍らせるものがあったのだ。

    料理の実力次第で何とでもなるのだから、料理が旨ければ服だって脱げる。
    考えればバカな話でも、この漫画の世界はそれを肯定した。
    他方、スタッフに料理研究家が入ったことで、作中のメニューを作ることができるという技術的裏付けがあった。


    そういうリアリティと、コロコロ的な破天荒世界の相乗効果が、複数回のアニメ化を果たすような人気作を生んだのだと思う。


    しかし、この料理人の楽園とでも言うべき世界は、永遠のものではなかった。

    「彼」が現れた。

    おそらく、『食戟のソーマ』の「凋落」の理由を「彼」――薙切薊という人間に付する人は少なくないのではと思う。

    彼がやったことは、これまで『食戟のソーマ』という作品世界が提示してきたことの全否定だった。

    確かに、薊政権樹立以前の遠月には問題があった。歪みがあった。
    さっきも書いたけどあんなところ僕だったら行きたくないし。

    しかし、その対案が全国を美食の料理店で埋めて大衆店を全部潰すってどうなんだ。

    大衆居酒屋からも消費者が逃げて、ちょい飲みがブームになるような客単価中央値の下落トレンドの中で、薙切薊の理想はあまりに空理空論に見えた。砂上の楼閣にしか見えなかった。

    それでも、一度行った方向転換は変えられない。食戟にイカサマが入り、「反逆者」に対して露骨な差別が始まり、極星寮から暴力による退去を図った(今思えば「料理こそすべて」というかつての原理原則をこれ以上ないまでに否定している)。

    そして、遠月列車編にてそれまで話の中心を担ってきた「反逆者」チームの何人かが退学という形で退場を命じられて間も無く、僕は単行本を買うのをやめた。


    要は楽園が好きなのだ。

    一定の所属要件さえ満たせば、極めてモラルに反すること以外の色々なことが常に肯定される、そういう世界が。

    かつての『食戟のソーマ』はそういう世界を提示できていた。
    しかし、その世界で居続けることを誰かが許容しなかった。

    でも、僕にとってその世界は『食戟のソーマ』が好きな理由のほとんど全てだったから、急速に光を失ったように見えたのだろう。

    かつて纏っていたきらめきを失って、でもそれを懐かしく思いながら、僕は第4期・神ノ皿を見ることになるだろう。

    おそらく最後のアニメ化だ。
    かつて愛した世界がもう存在しなくても、その最終回を見届けることが『食戟のソーマ』という漫画との僕なりの惜別になると思う。


  • 広告
  • 当面の運用方針

    2019-05-28 23:474
    気がついたら百合子誕の動画以降5つも動画を投稿した割に解説とかしないんかーいとか自分でツッコミを入れたいくらいなのですが、
    どうやら毎回解説記事を書くつもりはなさそうですね。

    自己紹介して、一個記事書いて放置とか零細ブロマガもいいところ……(いや零細ブロマガなんですが)と思ったので、今日はひとつ当面の運用方針を書いておきたいと思います。

    (1) 1ヶ月に2個動画あげて1個ブロマガの記事を作る
    「目標は小さく低姿勢」がモットーなので、いきなり「毎日更新します!」とか言いません。
    そんなマメなスパンを設定してもロクな記事書きそうにありませんからね!
    ということで、今日Twitterにはサムネをあげたんですが、6月上旬には今作ってる動画を上げて、あとブロマガの記事を1個出せればなあと思います。
    「アニメのクールが半分過ぎたから一旦レビューでもしてえなあ」とか思ってたんですが、もう後半戦入っちゃってますね! どうすんだ!

    (2) 動画上げられなかったらその分ブロマガの記事を作る
    アリバイ作りと言うかなんと言うか……。「そんなことしてる暇あったら動画作れや」とか思われそうな気もしますが、動画製作者としていつネタ切れというX-DAYが来てもいいように、文章力をたかめておきたいというやつです。「昔創作してた批評家気取り」が扱い一番めんどくさいってそれいち


    運用方針は以上です。ちょっとは有効活用したい。せっかく書く権利あるんだし。
    せっかくなのでこっそり告知をしておくと、次の次の動画は6月19日に上げるつもりです。
    まだ動画作業は何もしてないけどね!
    日にちを見て何かを察した方も、そうでない方も、楽しみにお待ちいただければ幸いです。


    それでは。
  • 「【七尾百合子生誕祭】百合子ちゃんの誕生日を遠隔地でも祝いたいので(略)」の蛇足

    2019-03-24 22:572
    なんでこんな長いタイトルにしたんだ。

    いえ、タイトルはサムネと同じぐらい苦手な分野でして、多分この辺改善すればもうちょっと数字も伸びるのかなあと思わないでもありません。
    外装と内装がみすぼらしいからあんまり客が寄ってこないソバ屋みたいな感じですかね?

    さて、今回は3/18、いわゆる七尾百合子さんの誕生日に投稿した動画についての補足、いえ蛇足です。
    【コンセプト】
    ・七尾百合子の誕生日だから作れる動画。
    ・「いらすとやノベマス」+「百合子を待ちながら」。
    【好きなところ】
    ・電気がついて七尾百合子と思われる中二病患者の姿が見えるところ。
    ・望月杏奈と思われる謎のウサギが出てくるところ。
    【好きじゃないところ】
    ・ヤマに乏しい中盤。
    ・強引なモノローグオチ。

    僕は実のところあまり誕生日というものを重視しておらず、アイドルちゃんの誕生日どころか、Twitterでフォローしている方の誕生日も全然祝わない冷たい人間なのですが、とりあえず3年連続で【七尾百合子生誕祭】と称した動画は上げています。

    どういうことかと言うと、それがつまり「七尾百合子の誕生日だから作れる動画」というコンセプトにつながるのです。

    前述の態度から「普通に誕生日を祝っても仕方ない」という観念に支配されているので、一昨年は「普通に誕生日を祝わない動画」として彼女たちを北極点に飛ばし、昨年は「グリー版が翌日に終わるからそれとセットで」茜ちゃんを時空の特異点に設定しました。

    そして今年は2月の半ばまで「今年は作らないんじゃないかなあ」と思っていたのです。



    方や。
    ある日町を歩いていると(住宅街でした)、いらすとやさんの素材を使用したビラが掲示板だかどこかに貼られていました。

    僕はそれを見て、

    「こんなところにもいらすとやがある……。この国はやがていらすとやに覆われてしまうのかもしれない……

    と思ったのですが、ネタというのはそこから生まれるもので、「ならばいらすとやに覆われたノベマスを作ろう」ということになります。

    しかし、そもそもノベマスを作るのに肝要なスクリプトどころか、プロット、それどころか世界観すらまとまらない日々が続きました。
    (このあたりの「僕なりのノベマスの作り方」みたいなのはまとめてみたいですね)

    当初作ろうとしたのは「何らかの影響で世界がいらすとやに覆われた」というものでした。
    しかし、それに対してアイドルが自覚的なのか、そうでないのかというところから結論が出ず、また、僕のノベマスには事件が必須なので、そのような状況で起こる事件とはなにか、ということもまた、「いらすとやノベマス」完成への障害でした。



    方や。
    『ゴドーを待ちながら』というサミュエル・ベケットの戯曲があります。
    いえ、読んだり見たりしたことはないのですが。

    なので、「不条理演劇とは何を意味するのか」みたいなことは語れないのですが、有名な話として、この話、『ゴドーを待ちながら』というタイトルにもかかわらず、

    ゴドーは出てきません。

    ということで「これもノベマスにできないか」という短絡的な……
    いえ、真っ当な二次創作欲が発生します。
    が、これもスクリプトを作るまでには至りませんでした。



    そして2019年2月中旬。

    風呂上がりの僕の頭の中でこの三者が出逢いました。

    出会いではなく、出逢いでした。

    そしてスクリプトを書き上げ、いらすとや化は(コメントでは高性能扱いされましたが)しょーもないカメラにやってもらい、百合子さんにはできるだけ会場に姿を表さないでもらって(来ないままカメラが壊れる展開も考えていました)、
    「七尾百合子(の立ち絵)不在の七尾百合子生誕祭いらすとやノベマス」が完成しました。

    結果として、世界はいらすとやに覆われず百合子さんも来てしまいましたが

    【好きなところ】で書いたように、クライマックスの演出は(ミスもあったものの)
    良いものになったのではないかと思います。

    課題は『ゴドーを待ちながら』が描くような文学性・哲学性のかけらもない、ただただ「すばロコがだべるだけ」になってしまった中盤と、最近多くなっている「通り一遍のモノローグオチ」でしょうかね……。
    それがいいというお褒めの言葉ももしかしたらあるかもしれませんが……。


    さて、上の方で「今年は2月の半ばまで『今年は作らないんじゃないかなあ』と思っていた」
    と書きましたが、来年は僕の七尾百合子生誕祭動画はないかもしれません。
    あるかもしれませんが。

    ただ、来年もし投稿されることがあったなら、「また投稿するネタが見つかったのか」と思っていただけると幸いです。
    その時は、なぜ投稿したのかをちょっと考えてもらえるととてもうれしいですね。


    それでは。