【菊花賞】俺が俺に取材して俺の感想を書く
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【菊花賞】俺が俺に取材して俺の感想を書く

2018-10-22 14:03
    まさにデムルメ時代を象徴するかの様な菊花賞の結果。

    しかし現場のファンからはこんな声も・・・。

    「いやあ酷いレースでしたね。確かにルメールとデムーロの叩き合いは見応えありましたけど、他の殆どの騎手はスローペースに無抵抗でしたからね。ハナを切った田辺もスローのまま瞬発力勝負に持ち込む辺りちゃんと考えて乗ってるか疑問ですね。何か真面目に予想するのがバカらしくなりますね」(俺)


    普通に読めばわかるが、この記事は俺の意見(まぁ俺はこんな事思ってないけどw)を俺が載せただけで、関係者の談話等は一切載せていない。
    これを書いた人間が取材をしていないのは読めば一発でわかるだろう。

    たが、書き物でメシを食った事のある人間がもっと上手く書けば
    「取材をして関係者の談話を載せている」「競馬界にはそういう空気・風潮がある」とアホに勘違いさせるのは可能だろう。

    いかにも競馬関係者に取材をして書いているように思わせて、よく読めば取材した場所や取材対象についてのマトモな記載は一切無い記事は昔からそこらに沢山ある。

    ネットの無い時代はそういう記事はスポーツ新聞や週刊誌に山ほどあった。
    しかしフジやゲンダイの妄想全開のカス記事でも、一応は「カネ」を出さないと読めなかった。

    今はそういう妄想全開のカス記事を「タダ」で誰でも読めてしまう時代になった。
    しかも記事を書く側はそういう記事を鵜呑みにする「アホ」がどういう記事を喜んで読むのか完全に把握した上で記事を書くからタチが悪い。

    ちょっと昔は「まとめブログ」で俺みたいなアホを釣ってたわけだが
    今は取材したと勘違いさせるような文体でネットで拾っただけの噂話を載せる「ネオまとめブログ」みたいなのが流行ってるね。
    しかもネットの噂話なんてプロや暇人がずっと5chやSNSとかに流し続ければ簡単に作れる。
    随分前からネットはそういう感じやけどほんまに恐ろしい時代やと思う。
    「マスゴミに騙されるな!」みたいな事を言ってる人ほどそういうネットのデマを無批判で受け入れてる感じがするのだが気のせいだろうか。


    おわり



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。