【今更】那須川VSメイウェザーでのネットの反応を見て思う事
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【今更】那須川VSメイウェザーでのネットの反応を見て思う事

2019-01-05 07:16
    那須川VSメイウェザーのネットでの反応に違和感がある。

    メイウェザーの凄さがわからないイキリ金髪がぶちのめされてザマァww」
    「勝てると思ってたのかよw勘違い野郎w」

    ↑↑↑↑
    ネット上で大晦日那須川に対してこういった感じの意見が散見されたが、アホとしか言いようがない。
    那須川はまだ20代前半の若者とはいえプロの格闘家である。
    メイウェザーの強さはよく知っている筈であり、自分がボクシングルールで戦えばどうなるか大方の予想はついていただろう。
    大体、素人の俺達ですら勝負にすらならないと思っていたのに那須川がわかっていない筈が無い。そんな簡単な理屈すら想像できないアホが多すぎる。

    俺はメイウェザー戦を決意した那須川の心中をこう想像する。
    (ここから俺の妄想)

    ナス「メイウェザーとボクシングルール?勝てる訳ねぇじゃん…」
    雷神「ファイトマネー5000万」
    ナス「うーん…でも階級も違うし…勝負にならないっすよ」
    雷神「これ逃したらもうメイウェザーみたいな大物とは一生やれないよ」
    ナス「・・・やります!(俺死ぬかも…)」

    (妄想終わり)

    「ファイトマネーと世界最高峰の大物とのビッグマッチという餌に釣られた那須川はアホ」
    という見方もあるだろうが、相手はあのメイウェザーである。
    そりゃ那須川はボコられるのわかっていてもRIZINからの提案を受けるでしょ!

    頭では「100%負けるし、死ぬかも」とわかっていたはずだ。
    しかしやると決めた以上、勝つつもりで練習をするしかない。
    「いやぁ~無理と思うけど頑張りますわ~w」なんて雰囲気を醸し出して挑戦する事は試合を観る人間に対して失礼だしそれは絶対にできない。

    そしてあの結果、わかっていたとはいえ悔しかったと思う。
    全く歯が立たないのはわかっていた筈だ。
    だが戦う以上は自分に「ワンチャンある」と言い聞かせ、勝つイメージを必死に思い描いていただろう。
    だからこそあの無様な負けっぷりで現実を突きつけられた時にショックを受けたのだろう。
    ネット上には那須川の泣きっ面を馬鹿にする意見も沢山あったが、俺は那須川は立派に戦った
    と思うしカッコ悪いとは思わない。

    もう一度書くが「メイウェザーの凄さがわからないイキリ金髪がぶちのめされてザマァwww」といった感じの意見を書いている人はアホとしか言いようがない。


    俺は那須川は作られたヒーローだと思うし、どちらかと言えば那須川アンチだ。
    今回はボクシングルールで負けたわけだが、那須川のキックボクサーとしての実力も正直言って微妙なのではと疑っている(詳しくないので違ってたらスマン)

    ただ、今回のメイウェザー戦に関しては那須川に対して感謝の気持ちこそあれ、ざまぁ見ろなんて気持ちは毛頭無い。

    今まで、国内ガラパゴス興行でヒーローに祭り上げられたクソザコキックボクサーが引退したボクサーをキックルールでボコるのを何度も見てきた。
    そういった「ボクサー弱い!キックボクサーつええ!」という試合には嫌気が差していた。

    だからこそ、今回のメイウェザー戦は新鮮だった。
    自分に不利なルールで戦った那須川は「キックルールで元ボクサーをボコるクソザコキックボクサー(もしかしたら天心もそういう闘いをした事があるのかもしれないが)」よりはよっぽど漢らしいと思うし、新鮮な試合を見せてくれたという感謝の気持ちしかない。
    (ただ「キックボクサーとボクサーが戦うボクシング」として見るには階級が違い過ぎたが…)

    勿論、階級が違いすぎる危険なマッチメイクをしたRIZINに対する批判は真っ当な批判だと思っている。


    おわり





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。