2019年大阪杯エポカドーロの取捨
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2019年大阪杯エポカドーロの取捨

2019-03-30 19:19
    【◎エポカドーロの根拠】
    ・近走凡走した3走は出遅れや不向きな展開等の理由がある。この馬はまだ終わっていない。
    ・今回は内枠スタートでしかもキセキという「的」がいるのでレースがしやすい。
    ・大阪杯の行われる阪神内回り2000mは皐月賞と似た舞台(と思う)
    ・土曜に雨が降っており日曜の天気は曇りである。皐月賞ほどではないにせよ馬場は渋ってこの馬に味方するものと思われる。


    ・・・と条件を箇条書きしてみるとエポカドーロは好走必至の様に見えるが、キセキ・エアウィンザー・ペルシアンナイト・ブラストワンピースといったライバル馬が強力なので一歩乗り方を間違えれば着外は必至だろう。

    なのでエポカ本命にして馬券が外れた場合は戸崎のせいにする予定だが、後悔の無いようにエポカドーロにケチをつけて消し馬にする選択肢も残しておきたい。

    【エポカドーロ 消しの根拠】
    ・勝った皐月賞は展開が全て上手くいった。今回の相手は皐月賞よりも明らかに強いので展開がハマったとしても勝つまではどうか。
    ・これまでのレースぶりを見るとどうもスタミナに不安があるように思える。キセキの後をついていくと潰れる可能性はある。
    ・近3走はいずれも言い訳のできる余地のある負け方だが、中山記念はただ単に馬が終わって凡走した可能性も十分に考えられる。

    他の上位人気の有力馬に関しては強いしピークは過ぎていないのはわかりきっているので、この悩ましいエポカドーロの動向(パドック等)に当日は注目したいと思う。
    ぶっちゃけこいつぐらいしか穴馬として期待できる馬がいない。


    おわり





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。