【競馬】2019桜花賞の超絶爆裂サイン!これはもう確定でしょ!?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【競馬】2019桜花賞の超絶爆裂サイン!これはもう確定でしょ!?

2019-04-02 09:27
    【新元号は令和】

    「令和」と聞くと競馬ファンのおよそ80%が「レーヌミノル」の事を思い浮かべたのではないだろうか?
    「令和(レーワ)」と「レーヌ」たしかに似ている・・・。
    「レーヌミノル」が桜花賞馬というのも偶然ではないだろう。

    よってサイン馬はレーヌミノルと同じ「ダイワメジャー産駒」から探す事にする。

    桜花賞に登録しているダイワメジャー産駒は3頭いる。

    シゲルピンクダイヤ
    メイショウショウブ
    トロイメント

    ここで注目すべきは「シゲルピンクダイヤ」の血統である。
    「シゲルピンクダイヤ」の母は「ムーンライトベイ」で母母は「ムーンライトダンス」である。

    【キーワードは「月」】
    「令和」の「令」は「令月」から来ているらしいので血統表に「月(ムーン)」が入っているシゲルピンクダイヤはもう確勝確定といってもいいのではないだろうか。

    おまけにシゲルピンクダイヤの主戦騎手は「和」田竜二である。

    和田竜二といえば先程紹介した「令和馬」である「レーヌミノル」に8度も騎乗経験があり、2017年のマイルチャンピオンシップでは10番人気だった同馬を4着に導いている。

    【ピンクダイヤ】
    「ピンクダイヤ」の誕生石は「4月」であり桜花賞の開催時期と合致する。
    宝石言葉は「永遠の絆」「不屈」であり和田騎手のイメージと合致する。
    「永遠の絆」・・・一度も乗り替わる事なくオペラオーの主戦を務め上げた和田騎手。
    「不屈」・・・モズカッチャンの乗り替わりにもめげずにラビットランでローズSを勝利。


    【トドメの確定サイン】
    しかも「ダイヤモンド」の語源はギリシャ語の「アマダス」であり意味は「侵されざる物」「征服し難い」という意味である。
    これは2000年に年間無敗のグランドスラムを達成したオペラオーのイメージに完全一致する。
    オペラオーがグランドスラムをした時は馬連1番人気で決まる「堅い」決着である事が多く、ダイヤモンドの「硬い」イメージと合致してしまう。
    このサインが世間に周知される様な事があればシゲルピンクダイヤの単勝オッズは1.1倍不可避だろう。

    令和(レーワ)

    レーヌミノル(2017マイルCSでの田の好騎乗)

    ダイワメジャー

    シゲルピンクダイヤ(父ダイワメジャー、主戦田竜二)

    シゲルピンクダイヤの母は「ムーンライトベイ」(令和の令の由来は「令月」)

    そしてトドメの「ピンクダイヤ」にまつわる「宝石解説サイン」
    これはもう確定といってもいいのではないだろうか(確定とは言ってない)



    おわり







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。