【競馬】ギャンブル依存症の兄貴達に捧ぐ!オススメの時間潰し方法!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【競馬】ギャンブル依存症の兄貴達に捧ぐ!オススメの時間潰し方法!

2019-05-12 14:09
    【春のG1シーズン、賭けずにはいられない】
    気持ちはわかる
    競馬を愛すればこそ、G1レースともなれば俺達には「賭ける義務」が発生しているかのように感じてしまうだろう。
    さらにSNSを見れば競馬仲間からの予想や購入報告が続々・・・。
    もはやこれは競馬愛という名の「同調圧力」といっていい。

    G1レースで我々は先ず「同調圧力」と戦わなくてはならない。
    外部からの競馬情報を出来る限り断ち、1人で出馬表に没入し、ロンリーウルフ型の馬券師となって予想するべきである。

    そして買う必要がない(わからない・旨味が無い)と判断すれば馬券を買うべきではないだろう。
    それでも小遣い程度ならいいのだが、その小遣い程度の損を取り返そうとすぐに熱くなる人は狙えないレースは1円も買うべきではない。
    少額で当たった場合に「もっと賭けておけば」とすぐにレートを上げる人も同様である。

    そしてレースが終わればレースの分析だけをして次の週に備える。
    それだけでいいだろう。


    【わかりやすくまとめてみると、こういう事だ】

    狙えるレースはないか調べてみる
    (外部の非公式な情報は見ない事)

    ある場合は大まかな買い目を決める
    ない場合は買わない

    勝っても負けても当該レースの分析をして次の週に備える


    依存症兄貴達からの「そんなもん出来るならとっくにやっとるわボケ」という指摘の声が聴こえてきそうだ・・・。
    そもそもこれが簡単にできる人は競馬をやらない人種の様な気もする(^^;

    そう、問題なのは「買わない時に我慢できるかどうか」という話である。



    【競馬に最も必要なもの、それは「我慢」

    じゃあどうすれば我慢できるのか、絶対確実とはいえないが有効ではないかと思える方法がある。

    それは「外出」である。
    逆に言うと家にずっといるのは絶対によくないと断言できる。
    家にパソコンがある人間なら「ネットし放題」という最悪の環境にいるからだ。
    ネットでは競馬で情報を売る(情報を売らなくても広告収入などで対価を得る)連中のクソゴミ情報が溢れている。
    これは断言してもいいが、ネットに溢れている競馬に関する非公式な情報(個人の見解的な情報やまとめサイト)の99.9%はゴミだと思う。
    あと「○○ジャーナル」の様にいかにも取材しましたという体だがよく見れば実は競馬板での書き込み(自演)をまとめただけというゴミサイトも存在する。
    ゴミといっても我慢中である依存症兄貴達の乾き切ったギャンブル魂を燃え上がらせるには十分すぎる「火種」である。

    まぁ情報としてではなく個人的な好みで見ているとかそういう趣味的な目的ならいいのだが…。

    ※あとネットで対価を得るイコール悪だとは言わないが、そういった連中の存在は依存症兄貴達にとってはいささか問題であるとは思う。


    しかし外出といってもどこに出かければ良いのか?
    いくつかオススメの場所を紹介する。

    俺は陰キャおじさんなのでその様な人間でも1人で行ける場所を紹介するので、読者の中に陰キャ兄貴がいたらそこは安心してほしい。


    【映画館】
    映画館の利点はコレだ!
    ・上映中はスマホ禁止なので少なくとも1時間半は強制的にネットを遮断できる
    ・映画の内容次第では競馬以外の新しい趣味が発掘される可能性がある
    ・映画の感想をネットで垂れ流す(自己満足でおk)事によって更なる時間潰しが可能

    巷には「1人で映画館とかありえない」とかいう輩がよくいるが、俺には理解できない。
    むしろ陰キャですら1人で行ける数少ないスポットの一つだと思うんだが…。
    大体、上映中は真っ暗であり陰も陽もクソもない。

    依存症兄貴の中には「俺は映画を観る趣味はない」という人もいるだろうが、探せば好みに合いそうなジャンルの映画は意外とある。

    上映中のラインナップの中に興味を惹かれるテーマの映画が無くても、あえてその中から「どれか強制的に選ばないといけないとしたらコレかな」という感じで一作品選ぶのもまた一興・・・かもしれない。(これはやった事ないからわからん)

    いつか必ず「映画を観ない系の依存症兄貴」に捧ぐオススメ映画等も紹介していく・・・予定だ!


    【山】
    山にピクニックに行く利点はコレだ!
    ・自転車で行けば交通費すらタダ
    ・ドコモ回線なら通信不能になる山が多くネットを強制的に遮断してリアル仙人になれる
    (ドコモは山ではクソだと常々思っていたが、こういう風に考えると利点ではあった)
    ・人が少ないので陰キャでも安心!(人気のある山は知らん)
    ・緑が多くて遠くが見れるので目を癒せる。裸眼なら視力回復になるかも?
    (ただし日差しがキツイ所ではサングラス必須)
    ・弁当を作ってから行けばメシもタダ!
    ・テキトーにウロウロしたりボーっとするだけで健康にいい

    「弁当作るのなんて面倒くせぇ~」という依存症兄貴もいるだろうが「弁当」といってもスーパーで買った食パン(○崎パンとかそういうのじゃないやつ)にメンチカツを挟むだけでいい。
    大自然の中で少し運動して空腹になれば何でも美味いから凝ったモノを作る必要はない。

    山でなくても近くの大きめの公園をぶらつくだけでも似たような時間潰しにはなるだろう。


    【美術館】
    美術館に行く利点はコレだ!
    ・映画と違って時間無制限なので1日中居る事も可能
    ・館内のトイレは綺麗
    ・客層が上品なのでDQNの不快な行動にイラつく可能性は低い
    ・絵を「近くで観る・遠くから観る・眼鏡を外して観る」と何通りもの楽しみ方ができる
    ・館内は静かでソファーなどで座って休める場所もある
    ・大抵の展覧会では鉛筆の使用は可なので、その場で絵の感想等の記録も可能(俺はやらんけど)
    ・昔は馬が交通手段だったので、昔の名画には馬が描かれた作品が多い

    「俺には絵を観る趣味が無い」という依存症兄貴もいるだろうが、騙されたと思って一度行ってみて欲しい。
    人物画などの服の模様の描写を観るだけでもそれなりに時間が潰せる。
    パドックで競走馬の筋肉のガチムチ加減を観察するのに似たような感動があるはずだ。

    「絵の知識が無いと楽しめないのでは」という人もいるだろうがそこは100%安心してほしい。絵の知識は俺もほぼゼロでありそれでも楽しめている。


    【駅前等にあるでかい本屋】
    本屋に行く利点はコレだ!
    ・本を読んで(選んで)時間が潰せる
    ・あえて興味の無いジャンルに気軽に飛び込む(立ち読みする)事ができる
    ・活字を読むのが面倒だと思えば画集や写真集コーナーで時間を潰せる


    【図書館】
    図書館に行く事は滅多に無いのでよくわからん、だが時間は間違いなく潰せるだろう。
    本屋と違って椅子があるので長時間の滞在が可能だ。


    【室内温水プール】
    室内温水プールの利点はコレだ!
    ・安い!(市営なら2時間で600円程度だと思う)
    ・オッサン1人でも行ける、ていうかむしろ1人の中年が多い
    ・水中歩行はジョギングほど脚に負担がかからない
    ・水着やメガネ等の初期費用はかかるが、ランニングコストは安い
    ・泳ぎが下手でも大丈夫、ていうか俺みたいな下手な人が多い
    ・競馬でいう「プール調教」の気分が味わえる

    ※水中だと関節への負担は感じにくいので運動のしすぎに注意、プールから上がった瞬間にどっと疲れが襲ってくる。知らないうちに背中を痛めていたという事もありえるので、ほどほどに休憩を取る事。

    市営のトレーニングジムなどもオススメスポットといえるだろう、俺は筋トレはあまり好きではないのでよくわからんが。



    【自転車でどこか遠くへ】
    自転車の利点はコレだ!
    ・走行中はスマホが見れないので強制的にネットから遮断される
    ・自転車は何故か知らんが異様に痩せる
    ・足首や膝に痛みがあってジョギングできない場合も自転車なら大丈夫という場合が多い
    ・自転車で「映画館・美術館・山」等に行く事によって交通費をケチれる
    ・自転車での外出計画を綿密に練る事で時間潰しになる

    俺は外食はケチるタイプだが「自転車で遠くのラーメン屋に行く」という趣味を持っている人も多いのではないだろうか。


    【温泉・銭湯】
    滅多に行かないのでわからんが、温泉の中でスマホは使えないしネットから遮断された状態は作れると思う。


    【競馬場】
    これは盲点として紹介しておく。
    スマホすら持たず、ただの「散歩・ひなたぼっこ」をするだけなら競馬場は最適の場所である。
    中年男性が1人で芝生やベンチで昼寝しても不審者扱いされない場所、それが競馬場だ。
    工夫次第では完全に競馬を忘れてのんびりと時間を潰す事ができる。まさに「灯台下暗し」である。
    自転車で遠く離れた競馬場へ朝イチで行く。
    近くのスーパー等で買った牛乳とバナナを摂取した後はベンチでうたた寝して疲れた身体を癒す、そういう状況では発走直線のファンファーレや実況ですら子守唄の様に聴こえるはずだ。

    ※競馬場は陽当たりが良いので日焼け対策だけは十分にしておいた方がいい。肌や眼球が日焼けした時のダメージは意外と後々の疲労に繋がる。


    以上だ
    とりあえず俺は今週のヴィクトリアマイルは買わない。
    ただ単に我慢しているわけではなく、狙える馬がいないからだ。

    また別の記事でいつか「おすすめ映画」を紹介したいと思う。


    おわり







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。