2020年ジャパンカップ、キセキ本命だった俺、ようやくココロノ整理がついた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年ジャパンカップ、キセキ本命だった俺、ようやくココロノ整理がついた

2020-11-30 09:38
    やっぱ浜中が手綱を引っ張らなかった理由ね、アレはね
    「引っ張ったらキセキがムキになって余計にかかる」そう思ったんだろうね。
    例えば普通に走ってる馬でも末脚活かそうとしてとりあえず騎手が抑えようとするじゃん。
    そうすると馬が反抗してイキナリかかる事ってあるでしょ。
    だから単純に抑えりゃいいってもんでもないんだよ。
    まぁキセキの場合は騎手が抑えてないのに馬が勝手にかかったけどね…。

    「行かせてみたら力を抜いていい感じに落ち着いてくれるかも」そう思ったんだろうね。
    『その結果が57秒9じゃねぇか馬鹿野郎!』という意見もあるかもしれないが、それはあくまでも結果論だよね。
    馬とケンカするよりまだ可能性があると思って、浜中は一縷の希望に賭けたんだよ。
    ひょっとしたらキセキがリラックスしてスローダウンするかもって。
    そしたら完全にバテるまで本気で走ったっていうね。
    まぁ馬は人間の都合(レース)なんて知らないからね、仕方ないね。
    キセキの暴走と浜中の乗り方についてはもう納得したよ。

    【ただこれだけは言わせてくれ】
    人間の都合で考えたら今回のキセキの走りって完全にただの凡走だよね。
    「良い逃げっぷり」と言ってる人も結構いたけど、ただのツインターボ的な懐古趣味だよね。
    でもあれだけの大逃げも久しぶりだし、アレ見て鳥肌立った新規ファンもいるかもね。

    でも俺に言わせてみればただの凡走。
    アレでレースが締まったとか言ってる人もいるみたいだけど、一頭でアレだけアホみたいに暴走したらもう後続にとって存在しないのと同じだよね。
    レースを途中まで引っ張ってたのは田辺の馬でしょ。
    キセキが案外粘ったから直線ではいい感じに的になったけどね。道中では完全に無視されてたよ・・・。

    まとめだけど、俺が今回言いたいのはこの三つね。
    ・あの暴走は馬がかかってしまったので騎手のせいではない。
    ・あの逃げは「良い逃げっぷり」ではなくてただの暴走であり凡走。
    ・キセキが程よいペースで逃げればルメールは前後を警戒してもっと緊迫した駆け引きが見られてもっと良いレースになったはず。
    ・「キセキよくやったアレで良いレースになった」だとか言ってるヤツらはハッキリ言って見る目が無い。

    あれ?4つある・・・?まぁいいや



    おわり
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。